飲んべえの聖地・葛飾区「立石」――地名の由来はビックリするほど小さい「石」だった

東京都の北東部に位置し、「せんべろの街」「飲んべえの聖地」として広く知られる葛飾区立石。そんな立石の語源は同名の石でした。フリーライターで古道研究家の荻窪圭さんが解説します。


葛飾区に残る平安時代の道標

 東京の東の方、隅田川と江戸川に挟まれた「東京低地」はその名の通り、まっ平で、縄文時代には海だったところ。最近よく「海面が何m上がったらどこが水没するか」ってな画像が話題になりますが、そういうことすると瞬時に水没しちゃうエリアです。

 でも平安時代のこと、その低地を「古代東海道」が通ってました。浅草からずいぶん北へ行ったあたりに在原業平が「名にし負はばいざ言問はむ都鳥我が思ふ人は有りやなしやと」と詠んだことで有名な「隅田の渡し」があり、そこから東へ、下総国国府(今の市川市)に向かっていたのです。

 そしてなんと、その平安時代の道筋がけっこう残っていて、今でもある程度たどれるというのですね。平らなので真っすぐな道を敷きやすいのはわかりますが、水害に遭いやすい土地に道筋が残っているのは驚きでした。

 今の東武スカイツリーラインの鐘ヶ淵駅から東へ真っすぐ(途中、荒川で分断されてますが)進み、途中から「奥戸街道」という名前になります。

古代の道標「立石」がそこに

 今回注目したいのは、その古代東海道の道標(どうひょう、みちしるべ)だったといわれている「立石(たていし)」。江戸時代は「立石村」、今は「葛飾区立石」。京成押上線の「京成立石駅」と駅名にもなってますが、その語源は「立石」という石。

 立石は、古街道の岐路や渡河点といった交通の要衝に道標としておかれる石柱のこと、そこはまさに中川を渡ろうとする場所なのでぴったりです。

 のちの時代、その道が官道だった記憶が薄れ、道の近くにポツンと大きな石が立っている姿がそのあたりの象徴となり、地名になっていったのだなと思うとちょっと感慨深いものがありますよね。

 そして、その平安時代の道標だった(と思われる)立石が、今でも「立石様」として現存しているというではないですか。

税務署の裏に鎮座


【画像】地名の語源となった「立石様」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210226_tate_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210226_tate_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210226_tate_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210226_tate_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210226_tate_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210226_tate_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210226_tate_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画