日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」誕生で再注目 創業地開発にかける「森ビル」の本気度

東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」が6月6日、開業しました。鉄道に関する著作があるフリーランスライターの小川裕夫さんが、駅と森ビルの描く虎ノ門地区の再開発について解説します。


「改札外乗り換え」を60分へ拡大

 本日6月6日(土)、東京メトロ日比谷線の霞ヶ関駅と神谷町駅の間に虎ノ門ヒルズ駅が新たに開業しました。

虎ノ門ヒルズ駅の中目黒方面行きホーム(画像:東京メトロ)

 新駅となる虎ノ門ヒルズ駅は、その駅名の通り虎ノ門ヒルズ(港区虎ノ門)に隣接した場所に建設されました。銀座線の虎ノ門駅とは約400m離れていますが、東京メトロは同じ駅として扱うことにしています。

 そのため、虎ノ門駅と虎ノ門ヒルズ駅は、いったん改札の外に出なければなりませんが、同じきっぷで乗り換えをすることが可能です。もちろん、運賃も通算距離で算出されます。

 また、東京メトロは同日からいったん改札の外へと出て乗り換える、いわゆる「改札外乗り換え」の適用時間を30分から60分へと拡大することも発表しています。

拡大によるメリットとは

 改札外乗り換え時間を30分から60分へと拡大する背景には、高齢者や障害者、ベビーカーを押しているパパ・ママなどが時間を気にせずに乗り換えができるようにとの配慮です。

 しかし、乗り換え時間が拡大したことで、さまざまなメリットが生まれます。乗り換えのついでに、駅近隣のカフェやコンビニなどに立ち寄る時間的な余裕が生まれたからです。

再開発ビルとの接続時イメージパース。神谷町方から霞ケ関方を望む(画像:東京メトロ)

 新たな地下鉄の駅が建設されたことからも、虎ノ門ヒルズには大きな期待が込められていることがうかがえます。

 虎ノ門ヒルズは、2014年に都市開発事業者である森ビル(港区六本木)が総力を結集して完成した超高層ビルです。

 それまでにも、森ビルは六本木ヒルズ(同)や表参道ヒルズ(渋谷区神宮前)といった話題性の高い都市開発事業を手がけてきました。

 一時期、六本木ヒルズには時代の花形ともてはやされる企業が集まり、そうした起業家・富裕層を“ヒルズ族”と呼ぶ風潮もありました。

高まる虎ノ門エリアへの期待


【地図】意外と知らない? 日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」の位置を確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200605_tora_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画