下町だからじゃない! 月島の名物が「もんじゃ焼き」になったワケ

中央区沿岸部に位置する月島エリアの名物と言えば「もんじゃ焼き」ですが、ブームが生まれたきっかけはいつ頃でしょうか。フリーライターの真砂町金助さんが解説します。


「もんじゃ焼き」と言えば月島

 東京のローカルフード「もんじゃ焼き」と言えば、中央区の月島を思い浮かべる人が多いでしょう。エリア内の月島西仲通り商店街には多数のもんじゃ焼き店が軒を連ね、「月島もんじゃストリート」の通称で知られています。

 実はこのもんじゃ焼き、月島で生まれた食べ物ではありません。江戸時代から明治時代にかけての文献によれば、小麦粉を鉄板や焙烙(ほうろく。素焼きの土鍋)の上で水に溶かして焼く「文字焼(もじやき)」がなまって、もんじゃ焼きになったと言います。

 明治の小説家・斎藤緑雨(りょくう)の作品「門三味線」(1895年)には

「文字焼の屋台を囲み居たる小さいのが認けて」

という一文を確認できます。

1950年代中盤から大人の食べ物に

 もんじゃ焼きは長らく、駄菓子店の鉄板の上で下町の子どもたちに食べられていました。茶わん一杯の小麦粉を水で溶き、ソースと青のりを振りかけるだけのシンプルな作り。お金があるときには桜エビや紅しょうがも振りかける――といった具合でした。

もんじゃ焼き(画像:写真AC)

 この、もんじゃ焼きが大人の食べ物へと進化し始めたのは、1950年代の中頃だと考えられています。

「月島最古」を掲げる近どう(中央区月島3)の開店は1950(昭和25)年で、「月島元祖」を掲げる好美屋(よしみや。同)の開店は1954年。少し遅れて、いろは(同)が開店。上州屋は1965年の開店です。

 他のローカルフードにも見られるように、「最古」と「元祖」が並立しています。最初はお好み焼きを出しており、その後、もんじゃ焼きも徐々に扱うようになったというのが背景にあるようです。

月島もんじゃの発祥は諸説あり?


【画像】明治初期、埋め立て前の月島周辺の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210428_monja_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_monja_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_monja_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_monja_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_monja_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_monja_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_monja_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_monja_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_monja_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_monja_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画