再開発めざましい大井町 かつてはあちこちで水が湧き出ていた!

近年、再開発が著しい大井町。そんな大井町はかつて水が豊かな土地として知られていました。フリーライターの出島造さんが解説します。


昭和と令和が融合した大井町

 かつて、品川区の大井町駅西口から少し歩いたところに「大井武蔵野館」という映画館がありました。

 この映画館は自ら「名画座最後の砦(とりで)」をうたっており、かなりマニアックな上映プログラムを組んでいました。少し背伸びしたい「文化系大学生」には欠かせない場所でしたが、残念ながら1999(平成11)年1月に閉館し、跡地はマンションに。つくづく月日が流れるのは早いと感じます。

 現在は昭和の雰囲気を残しつつも、再開発されたエリアが目立っています。

水が豊富だった大井町

 そんな大井町ですが、過去を見ると、1834(天保5)年から1836年まで出版された地誌『江戸名所図会』に、水量の豊富な「大井の井」という泉が描かれています。

『江戸名所図会』に描かれた「大井の井」(画像:品川区)

 水量こそ減っているものの、大井の井は光福寺(品川区大井6)に現存しています。江戸時代の大井村は武蔵野台地の端を含んだ、海に面した農村地帯で、あちこちに泉が湧いていたのです。

 なお「大井の井」の「大井」が大井町の地名の由来となったと伝えられています。

さかのぼること340年前


【画像】水神信仰の中心だった「水神社」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210127_ooi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_ooi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_ooi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_ooi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_ooi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_ooi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_ooi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210127_ooi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画