都心の空に轟く爆音 日比谷野音が「屋外ライブの聖地」になったワケ

1923年の開設以降、さまざまなイベントが行われてきた日比谷公園大音楽堂。同施設は一般的に「屋外ライブの聖地」として知られています。その歴史について、音楽ライターで、ブラック・ミュージック専門誌「bmr」元編集長の小渕晃さんが解説します。


都内で最大のライブ会場として開設

 日比谷公園大音楽堂(野音。千代田区日比谷公園)で見るライブの大きな魅力は、自然がもたらす光の演出です。開演時刻にはまだ明るかった会場は、夕暮れとともに闇に包まれ、ライブ終盤にはあたり一面が真っ暗に。ステージの照明は闇が深まるに連れて輝きを増し、非日常空間を演出します。野外ライブならではの特別な体験に、見る者の心は躍ります。

 野音は1923(大正12)年に開設されました。公園内には明治時代に開設された、日本最古の野外ライブ会場とされる小音楽堂もありますが、「野音」と言ったときにはほとんどの場合、大音楽堂を指します。

 現在の野音の最大集客数は、立ち見席と車いす席を含めて3053人。しかし以前はつくりが違い、9000人の立ち見客であふれることもある、都内最大のライブ会場でした。後に、第2次世界大戦を経て連合国軍総司令部(GHQ)から返還された1954(昭和29)年と、老朽化を理由とした1983年の改装によって現在の姿になります。

抽選で当たらないと大物でも使用できない

 野音が特別なライブ会場とされる理由のひとつは、「抽選に当たらなければ利用できない」ことです。

日比谷公園大音楽堂(画像:写真AC)

 東京都が所管する野音は、例えば17~21時のライブ時使用料が15万8400円と格安ですが、公共施設ゆえ、使用機会の平等化のため、使用権はプロ・アマの区別なく行われる抽選でしか得られません。

 しかも寒さの厳しい11月~3月はクローズ。さらに皇居にも程近い野音の周囲は、国の中枢機関が集まる官公庁街であり、オフィス街。騒音対策のため、音楽系イベントでの使用は 土・日・祝日に限られています。

 ゆえにライブができるのは年間70組ほど。使用希望日の1年前に行われる抽選の倍率は「50~100倍」と言います。野音のライブ、それはファンのみならずアーティストにとっても特別なものなのです。

日本のロックの、そしてフォークの聖地に


【画像】75年前の日比谷公園大音楽堂

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210424_yaon_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_yaon_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_yaon_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_yaon_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_yaon_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_yaon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_yaon_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_yaon_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_yaon_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画