大量廃棄問題でブームも下火 「恵方巻き」に残された復活の道とは

売れ残った商品が大量に廃棄されるなど、ブームから一転、逆風が吹く恵方巻き。今後の行方について、日沖コンサルティング事務所代表の日沖健さんが解説します。


ブームへの強い逆風

 2021年の節分は2月2日(火)です。37年続いた2月3日から変わること、124年ぶりに2月2日になることで、話題を呼んでいます。節分と言えば昭和の頃は豆まき、今は恵方巻きですが近年、恵方巻きに強い逆風が吹いています。

 2019年、売れ残った恵方巻きが大量に廃棄されていることが社会問題になり、農林水産省は作りすぎを控えるよう業界団体に要請しました。

 廃棄される恵方巻きが全国で約10億円分に上るという試算が公表され、恵方巻きには「エコじゃない」というバッシングが起こりました。

「平成の流行」で終わるのか

 博報堂生活総合研究所の調査によると、「1年以内に恵方巻きを食べた」という人は、2016年の54.0%から2020年は50.2%に減少しています。特に首都圏では、2016年の47.3%から2020年には43.2%まで落ち込んでいます。

恵方巻き(画像:写真AC)

 恵方巻きの起源については諸説あるようですが、関西の限られた風習をセブン―イレブン舟入店(広島市)が「恵方巻」と名付けて販売したのが1989(平成元)年のことです。1998年にコンビニエンスストア各社が大々的にキャンペーンを打ったことで、全国的に知名度が高まりました。

“誕生”から32年、全国デビューから23年がたった恵方巻きですが、バレンタインデーやハロウィーンのような国民的行事として定着するには至らず、「平成の流行」で終わってしまうのでしょうか。

恵方巻きがピークアウトした理由


【データ】1年以内に「恵方巻きを食べた人」の割合

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210126_ehou_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210126_ehou_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210126_ehou_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210126_ehou_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210126_ehou_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210126_ehou_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210126_ehou_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210126_ehou_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210126_ehou_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210126_ehou_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210126_ehou_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画