若者はやっぱり1回くらい「東京」に住むべきか? テレワークが進む今あらためて考える

新型コロナ禍でテレワークが進み、またインターネットが発達して情報格差が是正される今、若者が東京を目指す意味は何でしょうか。この機にあらためて考えてみたいと思います。


今の時代、東京に住むメリットは

 新型コロナウイルスの感染拡大を機に、東京都心を中心にテレワーク(在宅勤務)を導入する企業が増えました。日々の出勤がマストではなくなり、比較的自由に在住地を選べるようになった今、地方への移住を検討する人も増加傾向にあると言われます。

 ふるさと回帰支援センター(千代田区有楽町)が2021年7~8月に行った調査では、東京はじめ1都3県に住む20~74歳の男女1万5000人のうち、転居・移住に関心があると答えた割合は24.2%。男女とも20~30代の若い層ほど強く感じる傾向があるようです。

 総務省統計局が発表する住民基本台帳人口移動報告(2021年8月)では、東京都の転出超過数は3363人でした。

コロナ時代に若者が上京する意味とは?(画像:写真AC)

 今30代の筆者にとって、東京は10代後半以降「一度は必ず住んでみたい」と憧れる街でした。ただ今は新型コロナ禍に加えて、インターネットが発達したことにより全国どこにいても欲しいものは通販で入手することができるようになったことで、憧れの度合いはかつてより薄まっているようです。

 そんな今なお「若者が東京に住むメリット」とは何か、あらためて考えてみたいと思います。

貴重な経験ができる


【調査】首都圏在住者1万5000人の「地方移住」意向

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211015_tokyo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_tokyo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_tokyo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_tokyo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_tokyo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211015_tokyo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画