もはや上京は「憧れ」ではない? ドラマ『ボス恋』が描く新時代の東京物語とは

いくつものヒットドラマを生み出してきたTBSテレビ系の火曜22時枠で、2020年1月から『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』がスタートしました。主人公は大きな夢を描いて上京してきたヒロイン……ではなく、「普通が一番」と考える安定志向の平均女子。作中に描かれる新しい東京の姿について、ライターのふくだりょうこさんが解説します。


「普通が一番」安定志向のヒロイン奮闘記

 話題のTBSテレビ系火曜22時枠で、新ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』がスタートしました。

 ファッション雑誌の編集部を舞台に、熊本から上京してきたヒロイン・鈴木奈未(上白石萌音さん)がカリスマ編集長・宝来麗子(菜々緒さん)に振り回されながらも奮闘する物語です。

 東京にやってきて奈未がしたかったこととは何だったのでしょうか。そして、東京で手に入れたいものとは?

片想いの幼なじみを追いかけての上京

 奈未が上京した目的。それは幼なじみで片想いの相手、日置健也(犬飼貴丈さん)を追いかけてのこと。健也は上京したばかりで右も左も分からない奈未をサポートしてくれます。優しい健也は今も昔も変わらず、奈未の心の支えでした。

話題のドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』。「普通が一番」と言うヒロインは、東京で何を見つけ出すのか?(画像:(C)TBSスパークル/TBS)

 そんな奈未が欲しいものは「普通で安定した生活」。

 と言うのも、父は50歳を過ぎた今でも小説家になることを夢見ており、父に呆れた母が「普通が一番!」と言い続けてきたからです。

 だから、出版社に就職を希望していても、入りたい部署は定時で上がれる備品管理部。しかし、奈未が結果的に採用されたのは新設されたファッション雑誌編集部でした。もう「普通」は望めない……!?

上京はもはや普通のこと?


【画像】ザ・東京? 主人公が働く「おしゃれ編集部」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画