ダルビッシュも注目! 「吸う」エナジードリンク、カナダから日本上陸

2019年2月28日

ライフ
ULM編集部

2018年8月の国内販売以来、「吸う」エナジードリンクが人気です。いったいどのような製品なのでしょうか。


1本でドリンク約27本分

 仕事に集中したいときや仕事に疲れたとき、強い味方になるのがエナジードリンクです。近年、若い人たちを中心に人気が高まっており、レッドブルやモンスターエナジーなどが有名です。

 そんなエナジードリンクですが、その名前のとおり「飲料」。しかし2018年から「吸う」エナジードリンクもひそかに人気になっているのをご存知でしょうか。

世界初の商品(画像:イーグルエナジー・ジャパン)

「吸う」エナジードリンクの名は「EAGLE ENERGY(イーグル・エナジー)」。EAGLE ENERGYはカナダ発の製品で、開発したのは、バンクーバーの「NEXT LEVEL ENERGY(ネクスト・レベル・エナジー)」です。発売は2014年からで、日本に上陸したのは2018年8月。売上本数はすでに全世界で1億本を突破しています。

 原理は電子タバコ同様に、カートリッジ内の液体を加熱し、霧状となった蒸気を吸う方式。液体の成分はガラナエキス(カフェイン)や朝鮮人参、ビタミンB12などを使用。ニコチンやアスパルテーム、砂糖などの成分は含まれていません。

EAGLE ENERGYの構造(画像:イーグルエナジー・ジャパン)

 種類は「エナジードリンク」「ライチ」「スーパーミント」の3つで、重さは8.1gと軽量。価格は1580円(税込)です。1つのカートリッジで吸引できるのは約400回。ちなみに10~20回の吸引でエナジードリンク1本分に相当します。

即効性があり、効果も長時間継続


この記事の画像をまとめて見る(2枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/02/190212_energy_01-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190212_energy_02-1-150x150.jpg

New Article

新着記事