もう誰も覚えてない? かつて東京23区には「スキー場」が2つもあった

かつて東京23区内に「スキー場」があったのをご存じでしょうか。しかも、ふたつ。いったいどのような施設だったのでしょうか。ライターのミゾロギ・ダイスケさんが解説します。


23区内に過去ふたつもあった

 日本は積雪に恵まれた自然環境にあり、スキー場は全国に存在します。

 日本最南のスキー場である「五ヶ瀬ハイランド」があるのは宮崎県です。歴史上、スキー場と名のつく施設がひとつもない、もしくはなかった都道府県は、大阪府、長崎県、鹿児島県、沖縄県の四つのみ……つまり、東京都は含まれていません。

 今は都内にスキー場はゼロですが、少なくとも過去にはあったのです。しかも23区内、それも昭和期と平成期でひとつずつ、計ふたつもありました。

 さて、これといった山がない東京23区内にあったスキー場とはどんなものだったのでしょうか? もちろん山間部に切り開かれた野外のスキー場ではありません。屋根のある斜面で人工雪を滑る、いわゆる屋内スキー場です。

ひとつめは2020年閉園の施設に

 ひとつは、2020年8月に惜しまれつつ閉園となった西武鉄道グループの遊園地「としまえん」(練馬区向山)の敷地内に存在しました。その名も「豊島園インドアスキー場」。

スキーをする人のイメージ(画像:写真AC)

 これは世界初の屋内スキー場だとされ、そのオープンは今から60年以上前の1958(昭和33)年11月と、戦後のレジャーブームの前夜でした。ここは「こども劇場」なる施設を改装して作った小規模なものでしたが、天候を気にせず都内で雪の上を滑れることは、当時としては極めて画期的だったといえます。

 西武鉄道グループはさらに、屋内スキー場の可能性を模索し、翌年には埼玉県狭山市により本格的な「狭山スキー場」(全長300m)をオープンさせています。

 豊島園インドアスキー場は、短期間でその役割を終え、いつの間にか、ひっそりと姿を消しています。そのクローズ時期は不明確で、としまえん閉園時の公式な資料でも「撤去年不明」と記されていました。

板橋にオープンした施設は3年でクローズ


【画像】スキー場があった場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210108_ski_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210108_ski_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210108_ski_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210108_ski_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210108_ski_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210108_ski_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210108_ski_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画