荒川が流れてないのになぜか「荒川区」――東京「名実不一致」問題にズバッと切り込む【連載】東京うしろ髪ひかれ地帯(7)

港区にある「品川駅」、品川区にある「目黒駅」。東京には“名実不一致”なスポットがさまざまあります。中でも、荒川区に荒川が流れていない理由は、長い歴史の末の結果なのだとか。フリーライターの大居候さんが解説します。


江戸時代から続く長き水害との闘い

 東京のあちこちにある、「○○(地名)なのに、○○にない問題」。東京ディズニーランドは千葉県。品川駅は港区。目黒駅は品川区など……。

 いくつも思いついてしまう地名と、実際の所在地がズレている問題。とりわけマンションや商業施設になると、イメージのよい地名を使ったり名の通った駅名を掲げたりしているので「ここが○○(地名)だって?」と首をかしげてしまうことも。

 そんな東京の所在地で、ぜひ知っておいてほしいことがあります。それは、「荒川区に荒川が流れていない」問題です。

荒川は荒川区を流れていない。なぜなのか?(画像:写真AC)

 この問題、ちょっと東京に詳しい人なら知っているかもしれません。

 そう、「荒川が隅田川になったんだよね」。

……でも、そこに至る「水との闘い」を語ることができてこそ、アーバンな東京人。今回は、その話題です。

全く異なる流れだった江戸期の荒川

 徳川家康が江戸に入る以前、荒川の流れは今とはまったく異なるものでした。

 埼玉県・山梨県・長野県の3県が接する甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)を源流に流れる荒川は、現在の埼玉県越谷市・吉川市付近で利根川に合流し、東京湾(当時は江戸湾)へと注いでいました。

利根川を東へ、荒川を西への大工事


【画像】最長で約300kmも(!)離れている「名実不一致」事例をチェック(6選)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200731_arakawa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200731_arakawa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200731_arakawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200731_arakawa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200731_arakawa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200731_arakawa_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200731_arakawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200731_arakawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200731_arakawa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200731_arakawa_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画