「東京湾」という名称、正式に決まったのはなんと昭和40年代だった

東京都民だけでなく、神奈川県民や千葉県民にもなじみ深い東京湾。そんな東京湾ですが、その名称となったのはあまり古い話ではありません。フリーライターの猫柳蓮さんが解説します。


東京海湾 → 東京湾

 東京都が面している海は東京湾ですが、その名称となったのはあまり古い話ではありません。国土地理院のサービスで見ると、明治初期の地図から使われているのがわかりますが、同じ頃に整備された海図には「東京海湾」と表記されています。

太平洋に開けた東京湾(画像:(C)Google)

 海図上では、長らくこの「東京海湾」という名称が使われてきましたが、昭和40年代になり東京湾の表記に変更され、ようやく定まりました。変更の理由は、海図に使用されている「海湾」という名称が日本の地形にふさわしくないとされたためです。

 湾は英語でいえば「Bay」で、施設名などに使われるよく知られた英語です。一方、海湾は英語では「Gulf」となります。

 Gulfは大規模な湾を示し、ペルシア湾は「Persian Gulf」。メキシコ湾は「Gulf of Mexico」となります。東京湾はそこまでの規模ではないため、「海湾はおかしい」となったわけです。

 では、明治以前はどう呼ばれていたのでしょうか。歴史の概説書を読むと「江戸湾」という表記が頻繁に見られます。しかし、江戸時代は誰も江戸湾と呼んでいませんでした。

江戸時代は「内海」「裏海」の記述も


【画像】明治初期の地図を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/201230_tokyo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/201230_tokyo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/201230_tokyo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/201230_tokyo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/201230_tokyo_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画