ポール・マッカートニー『バンド・オン・ザ・ラン』――76歳のレジェンドが走りだす両国国技館 墨田区【連載】ベストヒット23区(15)

人にはみな、記憶に残る思い出の曲がそれぞれあるというもの。そんな曲の中で、東京23区にまつわるヒット曲を音楽評論家のスージー鈴木さんが紹介します。


2012年開業も、目立たぬ「スカイツリー曲」

 東京23区それぞれにまつわるヒット曲を探っていくこの連載も、早くも15区目。子どもの頃から、好きなものは後に食べる性分です。港区や中央区のような、食べやすそうな区を後に回して、今回は墨田区に果敢に挑戦します。

両国国技館の外観(画像:写真AC)

 今や墨田区と言えば、東京スカイツリーです。調べたら2012年開業なので、もう8年もたつんですね。開業当時、あれほど話題になったのだから、スカイツリーにちなんだ楽曲は無いものかと検索してみたのですが。

 京一夫&ちづる『東京スカイツリーの歌』、なでしこ姉妹『TOKYOスカイツリー音頭』、相原ひろ子『東京スカイツリー音頭』(なでしこ姉妹とはほぼ同名異曲)と、すいません、正直よく分かりません。天下の西郷輝彦『夜空のスカイツリー』という曲もありましたが……。

 対する東京タワーには、松任谷由実『昨晩お会いしましょう』(1981年)に収録された『手のひらの東京タワー』という名曲があります。当時のユーミンならではのプログレッシブなコード進行に、当時のユーミンならではのロマンチックな言葉を乗せると、1981(昭和56)年の段階でも少し古ぼけていた東京タワーがキラキラと輝き出します。

「THE ALFEE」ファンにはおなじみの高校も


【画像】本物のビートルズに似てる? デビュー50周年記念で行われた「再現コンサート」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200328_sumida_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_sumida_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_sumida_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_sumida_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_sumida_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_sumida_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_sumida_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画