山口百恵『しなやかに歌って』――急な下り坂が生んだ自立した歌姫 目黒区【ベストヒット23区】

人にはみな、記憶に残る思い出の曲がそれぞれあるというもの。そんな曲の中で、東京23区にまつわるヒット曲を音楽評論家のスージー鈴木さんが紹介します。


目黒の「権之助坂」を知っていますか?

 新宿東口エリアの濃厚なカルチャー史を見た後は、山手線内回りで南下して目黒区へ。さすがに新宿区ほど濃厚ではないものの、目黒駅周辺には「山椒は小粒でぴりりと辛い」エピソードが詰まっています。

 一応先に言っておきますと、JR目黒駅の住所は品川区になるそうです。同様に品川駅は港区で「バスタ新宿」は渋谷区とのこと。

 ですが、玄関口は玄関口ということで尊重して、今回はJR目黒駅周辺を音楽散歩しながら「ベストヒット目黒区」を考えてみたいと思います。

目黒駅西口の様子(画像:(C)Google)

 このJR目黒駅は、ふたつに分かれた目黒通りにはさまれた格好になっています。駅西口を出て、左側に正面(西向き)方向への一方通行の道、右側に反対方向の一方通行の道。今回は左側から攻めてみます。

 いきなり急な下り坂。坂の名前は「権之助坂」(ごんのすけざか)。江戸時代、厳しい年貢米の取り立てを緩めるようお上に訴えるも、それが原因で罪に問われた菅沼権之助を称えるために名付けられたものと言われます。

 1981(昭和56)年、人気沸騰中の漫才コンビ = ツービートの、今で言う「じゃない方芸人」 = ビートきよしがリリースした演歌のタイトルが『雨の権之助坂』でした。曲は知らないまでも、「権之助坂」というフレーズを、ビートきよしの曲で知ったという人は当時、私も含めて多かったはずです。

ヤマハ音楽振興会で思い出すチェッカーズ


【地図】駅前からいきなり下り坂! 今回の対象となったエリアを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191129_meguro_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_meguro_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_meguro_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_meguro_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_meguro_04-150x150.jpg

New Article

新着記事