列車風から排水対策まで 都営大江戸線を支える「スゴい技術力」をご存じか

他の路線より深い場所を走っていることで知られる都営大江戸線。そんな大江戸線を支える技術について、フリーライターの大居候さんが解説します。


東京環状線から一転、大江戸線へ

 2020年、全線開業から20周年を迎えた都営大江戸線。部分開業以来、長らく「12号線」と呼ばれていた名称は、路線名称は東京環状線、愛称は「ゆめもぐら」となる予定でした。

 しかし石原慎太郎都知事(当時)が「寝てても何回まわっても同じところに戻ってくるのを環状線っていうんだよ」と待ったをかけたため、公募で第2位だった「大江戸線」に決まりました。

 当時は大江戸という響きに仰々しいイメージがあったものの、今ではすっかり定着しています。それにしても、「ゆめもぐらにならなくて本当によかった」と胸をなでおろした人は筆者だけではないでしょう。

都営大江戸線の床面案内シート(画像:写真AC)

 東京のさまざまな街をつなぐ大江戸線は、すっかり都民の路線として愛されています。中でも、新宿区内の牛込柳町駅や牛込神楽坂駅付近は都電が廃止されて以来、都心にもかかわらず駅のない「陸の孤島」状態でしたが、開通で状況は一変。最近では駅周辺にマンションも目立つようになっています。

最も深い場所にある六本木駅

 さてこの大江戸線の最大の特徴といえば、多くの駅で地下深くを走っていることでしょう。

六本木駅の入り口(画像:写真AC)

 中でも、六本木駅は日本でももっとも深い場所にある地下鉄駅です。この駅のホームは2層構造になっており、下の階にある大門・両国方面のホームは地下42.3m。改札を通り、エスカレーターなら3回、エレベーターなら2回の乗り継ぎが必要です。

 東京に住む人なら分かると思いますが、この上り下りだけで「一仕事」を成し遂げたような気分になります。

「列車風」軽減のために


【画像】日本一深い地下鉄駅「六本木」の構造を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201226_oedo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_oedo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_oedo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_oedo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_oedo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画