飼い猫がトイレでしてくれない(泣)試行錯誤の末に見つけた解決策とは? の漫画「いろいろ試しました」

  • オリジナル漫画
飼い猫がトイレでしてくれない(泣)試行錯誤の末に見つけた解決策とは? の漫画「いろいろ試しました」

\ この記事を書いた人 /

佐久間薫(漫画家)のプロフィール画像

佐久間薫(漫画家)

ゆるかわいい猫の絵が人気の漫画家・佐久間薫さんが、2匹の飼い猫と夫との騒々しい日常を描きます。

「いろんな猫がいます」

 佐久間薫さんは、東京23区の北西エリアに住む漫画家です。夫と猫2匹(白丸・茶丸)との気ままな暮らしを紹介するアーバンライフ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「猫のトイレ」です。

飼い猫たちとの日々を描いた佐久間さんの漫画のカット(佐久間さん制作)



――佐久間さん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 猫と一緒に暮らしてる人は、トイレ問題で悩んでいる人が多いと思いまして。

――猫のトイレは人間も無視できない重要テーマですね。茶丸の粗相はどのくらいの期間、続いたのでしょうか。

 3か月くらいでしょうか……。精神を鍛えられました(笑)。

――猫の気持ちを読み解くのは簡単ではなさそうです。「砂自体がイヤなのか?」と気が付けた理由をぜひ教えてください。

 漫画には描きませんでしたが、ネットで、同じように猫の粗相で困っていた人が、犬のトイレ(シートを置くタイプ)を使ったというブログを読んで 真似したところ、わりとすんなりしてくれたんですよね(でも、それはおしっこがはみ出すので、やめたんですけど……)。それで気が付いた気がします。

――好みのトイレが完成して、茶丸もやはりうれしそうでしょうか。

 そうですね、茶丸も私もうれしかったですね!!

――猫の粗相を経験したことのある人間たちにひと言お願いします。

 人間が試されてると思います。修行ですね。頑張りましょう。

――漫画の読者にひと言お願いします。

 お読みくださり、ありがとうございます!

関連記事