外食は必ず復活する――2020年「流行グルメランキング」が語る大きな可能性とは

ホットペッパーグルメ外食総研がこのたび、全国の20~30代の男女2075人を対象に行った「流行グルメ2020」の結果を発表しました。その結果からどのようなことがわかったのでしょうか。同総研上席研究員の有木真理さんが解説します。


コロナ禍で訪れた食のボーダレス化

 2020年も師走に入り、大変あわただしい時期となりました。

 新語・流行語大賞の発表や、2020年のトレンド振り返り、2021年のトレンド予測などがメディアをにぎわすなか、筆者(有木真理)が上席研究員を務めるホットペッパーグルメ外食総研(リクルートライフスタイル)でも、毎年恒例となる「流行グルメ」ついて調査を行いました。

 2020年の流行グルメを解説するにあたって避けて通れないのが、新型コロナの感染拡大です。この影響で、食の傾向は大きく前進したと考えられます。

 人々のライフスタイルはコロナ禍で変わりました。食の在り方も同様で、変化の主な要素は外食、中食、内食のボーダレス化です。

 緊急時代宣言で外食産業は休業が要請され、消費者も外出制限が要請されました。そのような状況を踏まえて、2020年の流行グルメの最大の特徴を挙げるとすれば、「目新しいものがなかった」ことです。

 そして調査上位にランクインしたものを分析すると、大きくふたつの特徴が見られました。

特徴のひとつめ「非日常感の再現」


【ランキング結果】2020年「流行グルメ」トップ10を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201217_ranking_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201217_ranking_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201217_ranking_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201217_ranking_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201217_ranking_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画