シーズン8突入で人気続行も ドラマ版『孤独のグルメ』が古参ファンから支持されにくい本当の理由

テレビ東京系の『孤独のグルメ』は漫画を原作とした、2012年1月放送開始のテレビドラマシリーズです。そんな同作と原作の違いについて、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


主演の松重さんから飛び出た意外な発言

 テレビドラマの人気シリーズ『孤独のグルメ』(テレビ東京系)。その主演を務める松重豊さんが10月4日(日)放送のインターネットテレビ番組『7.2 新しい別の窓 #31』(ABEMA)で語った内容が、ちょっとした話題を呼びました。

2018年4月からテレビ東京系で放送された『孤独のグルメSeason7』(画像:テレビ東京、KADOKAWA)

『孤独のグルメ』は人気の高いドラマですが、松重さんはなぜかピンと来ておらず、

「ただ、俺がひとりで食っているだけで、誰が見るの? どこが面白いの? お客さんが楽しめるはずないって思って。何年かたって、お前こんな番組やってたねって笑い話になると思っていた」

と言うのです。

 さらに、

「食べているだけで面白いって言われるのはいまだに心外です。どこを面白いって言っていただけているのか、自分では分かってないんです」

とも語っています。

 現在『孤独のグルメ』が代表作とされている松重さんですが、実は三谷幸喜さんが主宰する劇団「東京サンシャインボーイズ」や、蜷川幸雄さんの「蜷川スタジオ」などを経て芸を磨いた人です。演技に対してストイックだからこそ、このような言葉が出るのでしょう。

テレビから消えた「ハードボイルドな哀愁」

 ただ、原作漫画『孤独のグルメ』に長らく親しんできた読者は、ドラマに対してやはり疑問を感じているでしょう。なぜなら、原作に描かれているような「ハードボイルドな哀愁」がテレビでは排除されているからです。

2000年に発売された文庫版『孤独のグルメ』(画像:扶桑社)

 率直に言うと、実在する店舗でロケを行っているためか、ネガティブなことが描かれていないのです。作品の「名物」として知られるアームロックは放送されましたが、それ以上はありませんでした。

 例えば原作の第14話「東京都中央区銀座のハヤシライス(の消滅)とビーフステーキ」では、6年ぶりに訪れようとしたハヤシライスの店が無くなってしまい、悩んだ末に高級そうなステーキレストランに入るも、まったくおいしくなさそうな描写で終わります。

 第18話「東京都渋谷区渋谷百軒店の大盛り焼きそばと餃子」では、訪れた店がライスを提供していなかったために、渇望する悲しさが描かれています。

 要は「叙情的に満足感を描くことが多い」ドラマに対して、原作の井の頭五郎(主人公)はハードボイルドにおいしいものを食べようとしては、失敗しているのです。

原作の連載が始まったのは1994年6月から


【画像】1997年発売、漫画『孤独のグルメ』オリジナル版の表紙を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201030_kodoku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201030_kodoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201030_kodoku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201030_kodoku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201030_kodoku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201030_kodoku_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画