「ふたりめ育児」の落とし穴……ひとりめの経験が通用しない? お風呂、寝かしつけ、買い物の超難度

ふたりめの子どもの育児は、ひとりめと比べて「ラク」になるのでしょうか。どうやら、そんなことはないようです。3人の子を育てるライターの宮野茉莉子さんが自身の体験を振り返ります。


「大人より子どもの数が多い」ワンオペ問題

 ふたりめとなると「育児も慣れてるでしょう」と言われがちですが、ひとりめとはまた違った独特の大変さがあると思っています。3人めと比べても「ふたりめの方が大変だった」と思うこともチラホラ。ではどんな大変さがあるのか、3つに分けてご紹介します。

ふたり兄弟のイメージ(画像:写真AC)

 男女の雇用機会均等が言われて久しい日本ですが、母親がひとりで子どもの面倒をみる「ワンオペ育児」状態の家庭もまだまだ少なくないようです。子どもふたりに対して母親ひとりで育児をするわけですから、初めから手が足りないのは明らかです。

 それも年子~3歳差ぐらいの歳近い兄弟の場合、上の子もまだまだ手が離せないから大変です。「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」といっても、ひとりではまだ上の服を上手に脱げなかったり、トイレトレーニングが終わってもうんちの後は拭いてあげる必要があったり、手を洗うにも水道の蛇口に届かなかったり……。

 下の子がねんねの時期はまだ良いのですが、寝返り、ハイハイ、伝い歩き、ひとり歩き……と始まると、ふたりとも「片時も目も手も離せない」状態のため、とにかく何をするにも気が抜けず、倍以上の時間がかかってしまいます。

 乳幼児期には、ふたり同時に泣かれてしまうことも。子どもふたりにギャーギャー泣かれると、親も泣きたくなってしまうことだってあります。

 それが子ども3人ともなると、諦めることが一気に多くなります。そして、ひとりめと3人めの年齢が離れていると、ひとりめの子がお手伝いしてくれることが増えてきて少し楽になると言えるかもしれません。

「大変トップ3」はお風呂・寝かしつけ・外出


【調査】「育児中は自分の時間なんてない」と答えた母親は何%?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191115_2baby_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191115_2baby_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191115_2baby_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191115_2baby_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画