今や定番 日本人はいつから自動販売機で「お茶」を買うようになったのか

今や自動販売機になくてはならない存在となった、お茶飲料。それらはどのようにして広まっていったのか、その背景についてルポライターの昼間たかしさんが解説します。


「買って飲むなんて」から変化

 自動販売機やコンビニの定番商品として、多くのラインアップがあるお茶飲料。緑茶やウーロン茶、紅茶、麦茶、健康茶など、今では数多くの商品が店頭に並んでいます。

自動販売機でお茶飲料を買うイメージ(画像:写真AC)

 しかしそうした商品が出始めた当初、

「お茶を買って飲むなんて……」
「自分で沸かせばいいのに」

と、ためらっていた人も多いのではないでしょうか。

 お茶や水を自動販売機で買う――その始まりは、ウーロン茶からでした。

 日本でウーロン茶の専門店が見られるようになったのは大正時代で、長らくの間、粋人独特の茶器を使って楽しむものでした。

 やがて1970年代になり、アイドルデュオ「ピンク・レディー」が飲んでいるとして、ウーロン茶は美容や健康に効果があるお茶として話題になります。

 これを受けて、各飲料メーカーは缶入りウーロン茶の開発を始めます。1981(昭和56)年2月に、伊藤園(渋谷区本町)が世界初の缶入りウーロン茶を発売。続いて12月に、サントリー(現・サントリー食品インターナショナル。中央区京橋)も参入します。

世間の逆風を勝機とした飲料メーカー

 しかし、すぐに売れたわけではありませんでした。

 実はウーロン茶より早く、缶入り紅茶が1974(昭和49)年から発売されていたのですが、人気を得ることはできませんでした。冒頭に述べたように、「お茶は自分で入れて飲むもの」という意識が根強かったからです。

 会社では給湯室に巨大なヤカンが置かれていて、会議のときにそれでお茶を注ぐというのが定番の風景でした。ところが飲料メーカー各社はお茶に勝機を感じ、次々と商品を開発していきます。

自動販売機でお茶飲料を買うイメージ(画像:写真AC)

 1983年にはポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ。名古屋市)が、缶入りの玉露とほうじ茶を市場に投入しています。

缶入りウーロン茶が人気を得た理由


【1748人に聞きました】あなたの1番好きな「ペットボトル緑茶」は何ですか?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200515_tea_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200515_tea_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200515_tea_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200515_tea_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200515_tea_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200515_tea_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200515_tea_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画