なんと10代女性の半数が使用 増え続ける「韓国コスメ」ユーザー、データで見る巧みな拡大戦略とは

「韓国コスメ」を日常的に使っている日本の女性は、10代で48.3%、20代で33.5%。今やすっかり定番となった韓国コスメは、なぜこれほどのユーザー拡大を成功させたのでしょうか。若者を対象とした調査を行うTesTeeトレンド分析担当の橿村芽久未さんが、アンケート調査の結果からその理由を読み解きます。


韓国人気ブランドが渋谷に1号店

 2020年10月8日(木)、韓国発の人気セレクトショップ「ALAND(エーランド)」の日本1号店「ALAND TOKYO」(渋谷区宇田川町)が渋谷・井の頭通りにオープンしました。

 1階はユニセックスのアクセサリーや雑貨、コスメのフロア。2階はレディースとメンズのファッションアイテムを取りそろえています。

 同店の日本初進出を手掛けたのは、グローバルワークやニコアンド、ローリーズファームなどの有名アパレルブランドを擁する企業、アダストリア(同区渋谷)。

「日本の10代、20代から圧倒的支持を得ている韓国ファッション、コスメ、カルチャー。しかしながら、日本国内においては韓国のトレンドファッションやライフスタイルを体験し購入できるリアルな場が少ないのが現状」

として、渋谷を訪れる若い世代を中心にファンを獲得したい考えです。

いかにして支持を拡大したのか?

「第3次韓流ブーム」の真っただ中にあるとされる2020年現在の日本。とりわけここ数年、10~20代の女性を中心に絶大な人気を集めるようになったジャンルのひとつが「韓国コスメ」です。

日本の若い女性の間で人気が高まり続ける「韓国コスメ」。一体なぜなのか?(画像:AMUSE、シーズマーケットコリア)

 韓国コスメは日本の若い世代からどの程度の支持を得ているのか? また、いかにして日本でのユーザーを拡大していったのか――?

 若年層のトレンド調査を行い情報発信している「TesTeeLab」(運営・テスティー、中央区日本橋兜町)のアンケート結果を読み解くと、韓国コスメ流行の“必然性”とも言える特徴が見えてきました。

若年層ほどユーザーが多い理由は


【画像】「韓国コスメ」、パッケージにも巧みな戦略(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画