壊滅的なエンタメ業界を救う、ウィズコロナ時代の「イベント2.0」とは何か

コロナによって破壊されたエンターテインメント業界。その再生のきっかけとなるのが、オンライン・リアルイベント双方のミックスだと、イベントプロデューサーのテリー植田さんは話します。


イベント業界は瀕死の状態

 8月21日(金)から苗場スキー場(新潟県湯沢町)で開催予定だった「フジロックフェスティバル ’20」が中止となりました。夏フェスの象徴であるフジロックがない喪失感は、毎年通っているファンにとってあまりに大きいでしょう。

 2020年は、イベントなき夏になりそうです。緊急事態宣言が5月30日(土)に47都道府県全てで解除されたものの、その後「東京アラート」が発令され、緊張感は依然続いています(その後、12日解除予定に)。

 6月に入って飲食店は時間短縮で再開し始めましたが、ライブハウスなどのエンターテインメント施設の再開はまだ時間がかかりそうです。

盛り上がるイベントの様子(画像:写真AC)

 イベント業界にとって、ここ数か月間は瀕死(ひんし)の状態なのではないでしょうか。廃業するイベント関連会社がこれから多数出てくる可能性もありますし、5月中の営業で店を閉めてしまった有名なクラブやミュージックバーもあります。

 大阪府では、ライブハウスで新型コロナウイルス感染者が出たこともあり、ガイドラインは慎重です。

 5月28日(木)に発表された新型コロナウイルス感染症対策本部会議の感染防止ガイドラインによると、ライブハウスは、ステージと観客の間を2m以上確保するか、透明なアクリル板などで覆い、来場者は原則着席スタイル。出演者には客席に声援を呼びかけたり、ハイタッチをしたりするなどの演出を行わないように求めてます。今後、これがイベント開催の「指標」になるでしょう。

 また大阪府は、新型コロナウイルス感染者を出したライブハウスに、音楽ライブ配信業務を委託する形で支援とすると発表しています。

制限されるならやらないほうがいい


【政府資料を見る】東京都の休業要請緩和は現在「ステップ2」、いったいどういった状態?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200610_event_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_event_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_event_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_event_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_event_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_event_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_event_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_event_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_event_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画