【東京・ロンドン徹底比較】店員は顎マスク、ハンドドライヤーも稼働中 「コロナ対策」に出るお国柄の違いとは?

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策。マスクやアルコール消毒といった基本的な対策にも、それぞれの国で微妙な違いがあるようです。2020年9月現在、仕事でイギリス・ロンドンに滞在するライターの鳴海汐さんが、東京とロンドンの違いをリポートします。


日本より割高、1枚約70円

 東京で一番メジャーなマスクの色は、サージカルマスク(不織布マスク)の白。韓国好きの若者を中心に黒の布マスク、夏はグレーの冷感マスクをしている人を多く見かけました。

 一方、ロンドンでは、青と黒が主流です。欧米ではサージカルマスクは青が一般的。内側が白、外側が青となっています。白い面に吸水性があるとのことです。

 特に青のサージカルマスクを着けている人が多いので、ひょっとしたら日本より安いのではないかと考えましたが、一般的な価格は、10枚入りで5ポンド(約703円)です。

 例えば大型スーパーの入り口付近にあった特設コーナーでは、やはりマスクは10枚入りが5ポンド。おひとりさま3点までとなっていて中国製でした。ていねいに、1枚あたり50ペンス(約70円)といった記載がポップにありました。

 都内では、50枚入りのマスクは1500円程度で売られていることが多く、1枚30円程度。

 経済協力開発機構(OECD)のデータによると、2019年の賃金水準でみると、イギリスは日本の1.2倍です。それに比べても、こちらではマスクが割高です。何人かに聞いたところ、毎日取り換える人とそうでない人が同じくらいいました。

 布マスクについては、黒が圧倒的に多いです。白はあまり見かけません。実はサージカルマスクも、黒が販売されています。筆者の友人もネットで見かけて、「お! これはかっこいい」と思って買ったそうです。

 フェースシールドは、たまに60代くらいの女性や子供が装着しているのを見かけます。店舗のスタッフであっても、移動中の市民であっても、マスクと併用しているパターンは見かけません。

アルコール消毒剤は割安感


【画像】日本との違いは? ロンドンの「コロナ対策」を見る(計5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200910_london_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画