くつろいで旅を創る空間が池袋に誕生、併設のカフェはH.I.S.社員でおもてなし

2018年12月10日

お出かけ
ULM編集部

コーヒーを飲みながら旅本のページをめくる。家族や友人とテーブルを囲んで旅先を模索する。H.I.S.が店舗を6つの部屋に分けたコンセプチュアルなスペースを、池袋PARCOにオープンしました。併設された自社運営のこだわりのカフェもユニークです。


6つの部屋に分かれた店内、気ままに旅情報を集められる環境が整う

 ワクワクする旅の計画。それを、様々な情報ツールが揃う場所で、自宅でくつろぐように始められる。そんな空間「H.I.S.The ROOM of journey」が池袋PARCOに誕生しました。

「H.I.S.The ROOM of journey」の入り口(画像:H.I.S.)

 これは、大手旅行会社H.I.S.によるコンセプチュアルな店舗運営です。中2階のフロア面積約480平方メートルの店内を「エントランス」「キッチン(カフェスペース)」「スタディワークス」「クローゼット」「リビングルーム」「キッズルーム」の6つの部屋に分けています。

 そのコンセプトは「旅のはじまりは、ここから。」。自由気ままに、旅を創りあげる空間を提供するとともに、ツアー予約、航空券やホテル手配などの窓口業務を行います。旅の目的地を決める際に一番手間のかかる「情報集め」の手段を多彩に提供してくれ、手配依頼もできるという便利な場所です。

「スタディワークス」のスペース(画像:H.I.S.)

「スタディワークス」は、誰もが自由に使えるスペースです。ツアーパンフレットやH.I.Sのスタッフが選定した旅の本を200冊以上常備。国内外のガイドブックが揃うほかに、「両親に贈りたい旅」「秘境の旅」「名作アニメの風景」など、旅のテーマを提案する本棚も設けられています。

国内外の旅行パンフレットも豊富にそろう(画像:H.I.S.)
「スタディワークス」にはこぢんまりとテーブルを囲んで話せるスペースもある(画像:H.I.S.)

 中心にある大きな机には充電用コンセントが設置されていて、Free Wi-Fiの使用も可能です。また、こぢんまりとテーブルを囲んで話せるスペースもあります。ここで「キッチン」に設けられたカフェで購入した飲み物片手に本を読んだり、下調べをしたり、相談し合ったり。多目的に利用できる環境を整えています。

 併設のカフェはH.I.S.初の自店運営で、スタッフも同社の社員です。

自社運営カフェのインターナショナルな3つのこだわり


この記事の画像をまとめてみる(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2018/12/181107_his_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181107_his_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181107_his_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181107_his_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181107_his_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181107_his_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181107_his_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181107_his_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181107_his_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181107_his_10-150x150.jpg

New Article

新着記事