拷問器具から妖怪まで……かなりディープな、知られざる「大学博物館」の世界

大学のキャンパスは、在校生でもない限り普段なかなか立ち入る機会のない場所。しかしそこには、誰でも入れて知的好奇心をくすぐる展示がたくさんあります。大学ジャーナリストの石渡嶺司さんがナビゲートします。


市民に開かれた知の「見学スポット」

 大学見学、と言えば受験生がするもの、とお考えの方も多いでしょうけど、そんなことはありません。

 いや、もちろん、普段、何もないキャンパスをうろついて面白がるのは、大学ジャーナリストを自称し続けて18年の私(石渡嶺司)くらいのものでしょう。

 ですが、平日であっても、大学によっては見学スポットがあります。一般の人でも入場可能であり、街歩きのついでに訪問するのも楽しいはず。見学スポットのひとつが「大学博物館」です。

拷問器具を唯一展示する明治大学

 東京都内でもっとも有名な大学博物館と言えば、明治大学です。

 JR御茶ノ水駅の御茶ノ水橋口から神田方面に下って歩くこと2分。右側に駿河台キャンパスの高層ビル、アカデミーコモン(千代田区神田駿河台)が見えてきます。ここの地階にあるのが「明治大学博物館」です。

 入場無料の同博物館は大学史展示室の他、3部門(商品、刑事、考古)に分かれています。このうち、よく知られているのが刑事部門。

「建学の理念『権利自由』にもとづき、刑事関係資料を展示しています」(同博物館サイトより)とありますが、刑事関係資料を収集・常設展示している博物館・資料館はそう多くありません。

欧州の刑罰具ニュルンベルグの鉄の処女とギロチンの再現模型が展示されている「明治大学博物館」(2019年11月、ULM編集部撮影)

 特に日本唯一の展示となっているのが「ギロチン」「ニュルンベルクの鉄の処女」。海外でもそうそう見ることのない、処刑台と拷問具がお茶の水、という東京のど真ん中で見学できるのはなかなかシュールです。

 商品部門では伝統工芸品である陶器、漆器などの製造工程が展示しています。考古部門では明治大学の考古学調査・発掘の成果を公開。細石器や土器などがズラリと並んでいます。

 早足で見学していけば30分ないし1時間程度。いずれかの展示に興味があれば、もう少し、余裕を見た方がいいでしょう。

村上春樹も通った演劇博物館


【地図】記事で紹介した博物館4か所の場所を見る(画像4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200626_museum_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200626_museum_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200626_museum_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200626_museum_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200626_museum_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200626_museum_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200626_museum_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200626_museum_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画