有楽町の由来は「織田信長の弟」って本当? 千代田区サイトにも記載アリ、真相を調べてみた

一流のホテルや映画館、劇場が立ち並ぶ有楽町。そんな同エリアの名前「有楽」の由来とは何でしょうか。これまで数多くの歴史関連雑誌・冊子の編集を手掛けてきた編集プロダクション『ディラナダチ』代表の小林明さんが解説します。


有楽町の名前の由来とは

 有楽町駅はJRにおける銀座の玄関口です。1日の平均乗員人数は10万3759人と、JR東日本全エリアの駅では18位。商業施設や飲食街、オフィスビル、映画館や劇場も近い山手線の駅として、全国的にも有名です。

 行政上の有楽町という地名も存在し(有楽町1~2丁目)、1丁目には映画館の日比谷シャンテが、2丁目には有楽町マリオンがあります。

有楽町駅(画像:写真AC)

 そんな有楽町ですが、地名の由来は「織田信長の弟」からと聞いたことがある人も多いでしょう。弟は織田長益(ながます)で、茶道の名人として「有楽斎」(うらくさい)の名も持っていました。この「有楽」が有楽町の語源であると、テレビ番組などが取り上げていました。

 ところがこの由来説、実は眉唾なのです。しかも、つい最近になって指摘されたことでもありません。明治時代から著名な地名学者が

「有楽斎とは関係ない」

という説を主張していました。

 それにも関わらず、こちらの異論はあまり話題になりません。果たして真説は? 史料を基に追っていきましょう。

有楽斎は信長より13歳年下

 まず、織田有楽斎(以下、有楽斎)について簡単に解説します。

 有楽斎は信長と13歳年の離れた弟でした。戦国時代の武将としては決して目立つ存在ではありませんが、信長の長男・信忠に従軍して戦(いくさ)に参加した記録も残っています。

 1582(天正10)年に起きた本能寺の変では、明智光秀の急襲から難を逃れています。豊臣秀吉の御伽衆(おとぎしゅう。経験談を語ったり書物を講釈する側近)を経て、1600(慶長5)年の関ヶ原の戦いでは徳川家康に味方して3万石を賜るなど、乱世をしぶとく生き残った男です。

千代田区のウェブサイト。「「有楽町」の名前は、戦国時代に活躍した武将、織田信長の弟、織田有楽斎(おだうらくさい)(長益(ながます))に由来します」と書かれている(画像:千代田区)

 江戸時代に入ると、子どもたちに領地を分け与えて隠居し、自らは75歳で没するまで風流な茶人として生きました。

江戸時代の書物から始まった伝説


【画像】60年前の「有楽町」駅前

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211216_yuraku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_yuraku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_yuraku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_yuraku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_yuraku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_yuraku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_yuraku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_yuraku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_yuraku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_yuraku_06-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画