渋沢栄一が「日本資本主義の父」の道を築いた華麗なる「おフランス体験」【青天を衝け 序説】

“日本資本主義の父”で、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が活躍するNHK大河ドラマ「青天を衝け」。そんな同作をより楽しめる豆知識を、フリーランスライターの小川裕夫さんが紹介します。


過激だった水戸藩士

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」は7月4日放送回で、草彅剛さんが演じる徳川慶喜が15代将軍に就位しました。徳川最後の将軍となる慶喜ですが、それは後世から見た歴史に過ぎません。慶喜は次代のことも考えて、弟の昭武をパリへと派遣します。

2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のウェブサイト(画像:NHK)

 板垣李光人(りひと)さんが演じる昭武は幼さを残していますが、作中の描写からもわかるように、慶喜は昭武に大きな期待を寄せていました。

 パリへの派遣は将軍の名代として万国博覧会へ出席することが主目的でしたが、それ以外にも西洋諸国の王室との友好を深める外交的な役割も課されていました。

 そうした公務を終えた後は、現地に滞在して西洋の文化を体験し、先進的な学問を修めることも求められていました。つまり、昭武は16代将軍として期待されていたことが読み取れます。

 昭武をパリへ派遣するにあたり、その身辺は水戸藩出身者で固められることになりました。慶喜・昭武の父は竹中直人さんが演じていた前水戸藩主の徳川斉昭(なりあき)です。斉昭は強固な攘夷(じょうい)思想の持ち主だったため、水戸藩士の多くも攘夷思想に染まっていました。

 岸谷五朗さんが演じた井伊直弼を桜田門外の変で暗殺したのは薩摩藩士と脱藩した元水戸藩士、堤真一さんが演じた平岡円四郎を暗殺したのも水戸藩士でした。こうした点から見ても、水戸藩士には荒くれ者が多かったことがわかります。

 昭武の警護役として水戸藩出身者は頼もしい存在ですが、諸外国でむやみに刃傷沙汰を起こすわけにはいきません。昭武とともに派遣されるのが荒ぶる水戸藩士だけだったら、異国でトラブルが頻発することは誰の目にも明らかでした。

 そこで、慶喜は昭武の世話役として渋沢栄一にもパリへの随行を命じます。一時期、渋沢は攘夷思想に傾倒していた過去がありました。しかし、一橋家に仕官してからは過激な攘夷思想を改めています。

フランスで体験した経済システム


【事前にチェック】大河ドラマ館がオープンした北区「飛鳥山」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_shibu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画