人口わずか173人! 絶海の日本最小自治体「青ヶ島」は上陸難易度もピカイチだった

伊豆諸島に属し、日本屈指の上陸難易度を誇る青ヶ島。そんな同島の歴史について、フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


人口は八丈島のわずか2.5%

 日本でもっとも人口の少ない自治体が、東京都にあるのをご存じでしょうか。

 それは伊豆諸島の「青ヶ島」にある青ヶ島村で、人口は2020年6月時点で173人。同じ伊豆諸島の八丈島は人口7048人(2020年6月末現在)、新島は2559人(2020年6月末現在)ですから、いかに人口が少ないかがわかります。

 ちなみにもっとも人口の多い村は沖縄県読谷村で、4万1615人(2020年7月末現在)となっています。

定期船の就航率はわずか40%

 人口だけでなく青ヶ島の存在を際立たせているのが、そのアクセスの悪さです。

青ヶ島の様子(画像:海上保安庁)

 東京から島に直接行くルートはありません。隣の八丈島で定期船かヘリコプターかのどちらかに乗り換えなければなりません。

 かつては「鳥も通わぬ」と言われるほどの流刑地だった八丈島ですら、今は空路もあり、到達は比較的容易です。

 しかし青ヶ島はといえば、1日1本と言われる定期船の就航率はわずか40%程度。島側の港が黒潮に洗われるため、海が荒れていると接岸できないのです。

 対して、ヘリコプターの就航率は70%程度。しかし定員9人のため、すぐに満席となり予約は困難。おまけに飛べなかった場合の振り替え便は次の「空いている日」ということになります。つまり到達するのが困難なだけでなく、なかなか帰ることができない可能性もあるのです。

 このハードルの高さと、マイナーな旅行先ゆえの旅費の高さが、人々に二の足を踏ませているのです。

土地は肥沃で台風にも強い


【地図】絶海の孤島「青ヶ島」の位置を確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_19-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200815_aoga_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画