新国立競技場敷地の人骨発掘から見る、東京五輪と徳川家の根深い因縁

東京オリンピックと徳川家の根深い因縁について、怪談・オカルト研究家の吉田悠軌さんが解説します。


187体の人骨発掘が語るもの

 1964(昭和39)年の東京オリンピックは、整備・開発によって東京という街の風景を大きく変化させました。2020年の東京オリンピックでは、どうなることでしょうか。この1大プロジェクトの整備・開発にまつわるトピックといえば、誰もがまず「新国立競技場」(新宿区霞ヶ丘町)のここ数年間の騒動を思い出すでしょう。

 建設費の大幅縮小されたり、建築そのものが故ザハ・ハディドから隈研吾へと変更されたり……。ようやく完成間近となった2019年11月初めには、「建設現場から187体もの人骨が発掘されていた」というニュースが報じられ、話題となりました。

 これには競技場内の敷地が、江戸時代には墓地だったからというハッキリした理由があること。ですが、なにしろ人骨という点に怪談めいた因縁を感じた人も多かったでしょう。

旧国立競技場の外観。2014年撮影(画像:吉田悠軌)

 実は私、昔からこの土地に注目していました。2014年1月の段階で、次のような記事をネットニュースで書いたことがあります。

「新国立競技場を巡るトラブルは、徳川家の祟りが関係しているのではないか!?」

……と。

 自分でいうのもなんですが、これがけっこう話題となりました。発表から1年ほどはテレビやネットにさんざん流用されたし、今でも都市伝説のひとつと数えられているようです。

 もちろんこれは単なるオモシロ記事ですが、まったく無根拠に思いついたアイデアではありません。いちおう、東京の歴史に深くまつわる怪談話ではあるのです。なにしろ競技場から道路を挟んだ一帯はかつて、徳川宗家の広大な敷地だったのですから。

 大政奉還によって江戸城を追われた徳川宗家はその後、千駄ヶ谷へと移住。もともと一帯が江戸時代、紀州徳川家の抱屋敷だった経緯も関係しているのでしょう。

紀元2600年の記念行事になるはずだった「幻の東京オリンピック」


【古地図】人骨発掘の理由は明らか? 紀州徳川家の菩提寺「仙寿院」周辺の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191122_kaidan_04-150x150.jpg

New Article

新着記事