バブルの残り香漂う90年代、若い女子高生たちが銀座に連日集結していたワケ

バブル経済の余韻が残る1994年、銀座に突如として女子高生の集団が現れました。いったいなぜでしょうか。20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


オープンは1994年3月

 1990年代の東京で女子高生が集う街といえば、もちろん渋谷でした。ところが、そんな彼女たちが銀座にも大集結していたのを、皆さんは覚えているでしょうか。

東京メトロ「銀座駅」(画像:写真AC)

 大人が遊ぶ街だった銀座に女子高生たちが集結する――。そんな奇妙な事態が注目されたのは、1994(平成6)年のこと。この年の3月、吉本興業(大阪市)が運営する「銀座7丁目劇場」がオープンしたのです。

 吉本興業の中邨(なかむら)秀雄社長(当時)が銀座の東芝銀座セブンビルにテナントとして入り、常打ち(じょううち。決まった芸能などを、決まった場所で興行すること)の劇場をオープンすると発表したのは、その年の正月明け、1月4日(火)でした。

 このことは、高級感で売っていた銀座の大きな転機として受け止められました。

 1992年には洋服の青山が「日本一高い地価の銀座で、日本一安いスーツを」の触れ込みで進出し、それに次ぐ衝撃となりました。

オープン初日は前売り券600枚が完売

 東芝銀座セブンビルにあった東芝ホールを改造した劇場は、客席数138席。ダウンタウンが巣立ったことで知られる、心斎橋2丁目劇場(1999年3月閉館)とほぼ同規模です。

吉本興業が運営していた銀座7丁目劇場。1994年12月15日撮影(画像:時事)

 劇場では公演を毎日行い、目的も若手芸人の育成だったため、客層も当然10代の若者が多く、それが銀座の雰囲気をガラリと変えていくのではないかと、期待と不安の両面で見られていたのです。

 オープン前のチラシには、漫画家の赤塚不二夫がイメージキャラクターを描き、「本当は東京、好きなんですわ」のキャッチコピーも載せられました。

 3月28日(月)にオープン初日には、1枚1500円の前売り券600枚が完売。客席のほとんどは、若手芸人のファンである中高生の女の子たちで埋まりました。

多くの大物芸人を輩出


【地図】90年代の女子高生が集結していた銀座のスポット、今は何がある?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200630_yoshimoto_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200630_yoshimoto_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200630_yoshimoto_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200630_yoshimoto_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200630_yoshimoto_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200630_yoshimoto_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200630_yoshimoto_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200630_yoshimoto_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200630_yoshimoto_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画