東大のシンボル「赤門」、実は正門ではなかった!

東大の象徴といえば、安田講堂と赤門と答える人が多いのではないでしょうか。最寄り駅からも近い赤門を、学生たちが絶対通らなかった時期があるといいます。一体何があったのでしょうか。フリーライターの猫柳蓮さんが解説します。


東大といえば「赤門」が有名だけど

 日本の大学の最高峰に位置する東京大学(文京区本郷)。歴史も古く、日本で最初にできた大学です。

 もとは、江戸幕府の昌平坂学問所、開成所、医学所を明治政府が統合し、幾度かの組織改編を経て生まれた組織。1877(明治10)年4月に「官立東京大学」として誕生しています。

東京大学といえば「赤門」というイメージを持っている人は多いはずだ(画像:(C)Google)

 現在の東京大学は、この大学が設立された4月12日を「東京大学記念日」としています。

 ところが、1886(明治19)年になって、この東京大学はいったん廃止されています。この年に帝国大学令が交付されて、官立東京大学は「帝国大学」に名前を改めます。地名はなくて、帝国大学というのが正式名称です。

 なぜならこの時点で帝国大学は、ひとつしかなかったからです。

 その後1897年になって京都にも帝国大学ができることになり、「東京帝国大学」に改称。戦後、1947(昭和22)年に東京大学(制度は旧制)に改称、1949(昭和24)年に現制度下での東京大学へと改称します。

 そんな東京大学のキャンパスは、

・文京区本郷
・目黒区駒場
・千葉県柏市

の3か所がメイン。柏キャンパスは、東京ではなく千葉県内にあり最寄り駅からも少し距離がありますが、通っている大学院生に聞くと「思ったほど悪くない」とのことです。

 さて、これらキャンパスの中でも、メディアによく登場するのは本郷キャンパス。それも「赤門」が登場する機会がやたらと多く感じられます。

「正門」がメジャーにならないワケ


【画像】ドラマ『半沢直樹』に出演中 「東大出身」大物俳優は誰?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200821_todai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200821_todai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200821_todai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200821_todai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200821_todai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200821_todai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200821_todai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200821_todai_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画