一瞬ヒヤッ! 首都高はなぜ「右側」の出入口が多いのか

高速道路の出入口は一般的に「走行車線」とつながっています。しかし東京を走る首都高は所々、右側「追い越し車線」とつながっています。いったいなぜでしょうか。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


「分岐」「合流」が多い首都高

 首都高速道路(首都高)は交通量が多く、スピードの速い車もいるため、運転に慣れていても注意が必要な道路です。確かにこの上なく便利で、筆者(昼間たかし、ルポライター)も時々利用していますが、ヒヤッとなることはよくあります。

 首都高で困惑するのは、なんと言っても「分岐」「合流」がとても多いことです。

 分岐すると当然戻れないので、表示を見落とさないようにドキドキしながら走らないといけませんし、道を間違えかけたドライバーが危険な車線変更をしてくることもあります。

 最近は減ってきましたが、「あおり運転」もなくなったわけではないので、ノロノロとマイペース運転するわけにもいきません。

ドライバーに染みついた「右側 = 追い越し車線」

 とりわけ、運転に慣れないドライバーを困惑させるのが出入口です。

 一般的に高速道路は「走行車線」「追い越し車線」から成り、出入口は比較的低速な車が走る走行車線(左側)とつながっています。ところが首都高は、右側の車線と出入口が接続しているところが非常に多いのです。

 首都高では右側を追い越し車線と定めていませんが、ドライバーは高速道路の右側が追い越し車線で、一般道でも右側は比較的高速な車が走る――という意識が染みついているため、適応は簡単ではありません。しかも出入口が右側で統一されていればよいのですが、そうとも限りません。

首都高の出入口イメージ(画像:写真AC)

 首都高を建設・管理する首都高速道路(千代田区霞が関)のウェブサイト「首都高のミカタ」には出入口の詳細なマップが掲載されていますが、すべてを覚えるのはほぼ不可能です。首都高に入る前に、せめて予定ルートの出入口を確認するくらいしかできないのが現状です。

背後にあった戦後復興


【ひと目でわかる】首都高「右側出入口」の場所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210123_shutoko_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210123_shutoko_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210123_shutoko_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210123_shutoko_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210123_shutoko_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210123_shutoko_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210123_shutoko_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画