江戸川区をよ~く見ると「島みたいな形」になっているのはなぜか【連載】東京うしろ髪ひかれ地帯(7)

東京23区のひとつ江戸川区は、荒川や江戸川などの水域に囲まれ、まるで「島」のような形状をしています。なぜこのような形になったのか、その理由をたどると、同区が水害と闘ってきた歴史が見えてきました。都内探検家の業平橋渉さんが解説します。


まさに浮いているような地形

 地図で見ると江戸川区は、ほとんど島のように見えます。江戸川に荒川、中川などの河川が南北に流れて、まさに浮いているようです。

 実際に、島もあります。旧江戸川にある妙見島(みょうけんじま。江戸川区東葛西)は、本当に島です。

 湾岸には埋め立てによってできた島のような土地はいくつもありますが、この妙見島は23区で唯一の自然の島。島の土地はほとんど工場が占めていますが、街歩きで尋ねる人も多いスポットです。

河川に囲まれ、まるで島のような形をしている江戸川区。そこには水害との闘いの歴史があった(画像:(C)Google)

 そんな妙見島のみならず、区域の全てが水に囲まれているとして注目を集めたのは2019年のことです。同年10月に関東一円に多大な被害をもたらした台風19号。3連休を直撃した大型台風は、上陸前から被害に備える人が東京都内でも目立ちました。

ハザードマップが話題に

 そんな中で脚光を浴びたのが、同年5月に改定したばかりの江戸川区の水害ハザードマップです。

 区内の全世帯に配布するとともに、ハザードマップの過激な言葉がインターネット上で話題になりました。

 表紙には江戸川区の全域が水に浸かっているイメージ画像が描かれ、その中心である江戸川区の部分には「ここにいてはダメです」と書かれていたのです。

江戸川区水害ハザードマップ(画像:江戸川区)

 中身も文面は過激です。「区のほとんどが水没」「より安全な区外へ」となどという言葉が並びます。つまり、水害になったら江戸川区は危険なので、さっさと区外に逃げるように呼び掛けるというものだったのです。

 通例、ハザードマップというのは「この地域はこんな被害が出るから備えを」とか、避難所をアドバイスするものなのですが、江戸川区は最初からどうあがいても絶望的だから早く逃げるようにと呼び掛けていたのです。

 ここまで江戸川区が思い切った過激な文面を並べるのは、区が川の中に浮く島状になるに至った、水との闘いの歴史があります。

次々と襲い来る「大水害」の歴史


【画像】約60万人が被災! 江戸川区の「水害データ」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200730_edogawa_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画