ニコライ堂が見えなくなった学生街「御茶ノ水」、かつての原風景を求めてさまよい歩く

法政大学大学院教授の増淵敏之さんが、自身の青春を過ごした街・御茶ノ水を歩きます。45年前と違う、その風景とは。


大きく変貌した学生街

 東京には戦前から、三田(港区)や本郷(文京区)、早稲田(新宿区)、御茶ノ水(千代田区)をはじめとする、大学を中心にした学生街が形成されています。

御茶ノ水にたたずむニコライ堂(画像:写真AC)

 東京大学のある本郷はまだ学生街の名残を残しており、早稲田大学のある早稲田に至っては都内に残る最後の学生街と言えるかもしません。

 しかし慶応大学のある三田はもはやオフィス街といっても過言ではなく、日吉キャンパス(横浜市)の周辺にそのたたずまいが残っている程度です。

 学生街は、全体的に大きく変貌しているのです。

 学生街には書店や飲食店、喫茶店、アパート、娯楽施設、不動産屋などが集中しています。街の主体はあくまでも学生のため、筆者(増淵敏之。法政大学大学院教授)と同年代の人たちはガロのヒット曲『学生街の喫茶店』(1972年発表)を思い出す人も少なくないでしょう。

 かつては学生街を起点に、多くのポピュラー音楽や演劇、映画、小説などのカルチャーやムーブメントも生まれました。

ムックを片手に歩く

 筆者は1976(昭和51)年に明治大学に入学し、最初の2年間を和泉キャンパス(杉並区永福)で過ごしました。その後、御茶ノ水の駿河台キャンパスに。

御茶ノ水駅から水道橋駅にかけての学生街の様子(画像:(C)Google)

 JR御茶ノ水駅から神保町、三崎町のエリアは当時、大げさにいうと「街全体がキャンパス」という雰囲気がしたものです。明治大学の狭いキャンパスと界隈の街には「境界線」がありませんでした。

 手元に『あのころangle 街と地図の大特集1979 新宿・池袋・吉祥寺・中央線沿線編』(2018年)というムックがあります。これは1979(昭和54)年に主婦と生活社(中央区京橋)が刊行した『別冊angle』の復刻版です。

 この本を手がかりに、JR御茶ノ水駅界隈を少し歩いてみましょう。

当時訪れた喫茶店はほぼ残っていない


【写真】喫茶のあの味が、おうちで再現できるレシピ集 有名店の名物メニューの作り方も大公開……!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190911_ochanomizu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190911_ochanomizu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190911_ochanomizu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190911_ochanomizu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190911_ochanomizu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190911_ochanomizu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190911_ochanomizu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190911_ochanomizu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190911_ochanomizu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190911_ochanomizu_06-150x150.jpg

New Article

新着記事