キャラグッズや関連本が次々と……暴れん坊将軍が巻き起こした「江戸の象ブーム」って何だ?

動物園の人気者ゾウは、現代人のみならず江戸の人々の間でも一大ブームを巻き起こしました。火付け役となったのは、あの「暴れん坊将軍」。フリーライターの県庁坂のぼるさんが当時の熱狂ぶりを解説します。


知識欲旺盛な徳川吉宗が注文

 東京のど真ん中にある浜離宮(中央区浜離宮庭園)は、気軽に出掛けられる都心のエアポケットです。近隣では築地市場跡や周辺の工事も行われていて喧噪(けんそう)が絶えないというのに、1歩園内に入れば大都会の中とは思えない空気が漂っています。最近では、コロナ禍でも「3密」を避けてホッとひと息つけるスポットでもあります。

 かつては浜御殿と呼ばれる徳川将軍家の別邸だった歴史もある浜離宮。そんな時代に、象(ゾウ)が飼われて、江戸に象ブームを起こしたことがあるのです。

動物園の人気者、象が江戸でも一大ブームを巻き起こした。その経緯とは?(画像:写真AC)

 江戸に象がやってくる――。そんな話で江戸の人々が湧いたのは、「暴れん坊将軍」でも知られる徳川吉宗の治世(ちせい)。時に1729(享保14)年のことです。

 吉宗といえば「享保の改革」で緊縮財政を政策とし質素倹約を強調したイメージが強いのですが、同時に産業の振興を奨励し、海外からの新知識の輸入に積極的でした。1720(享保5)年には洋学奨励のため、それまで禁じられていた漢訳洋書の輸入制限を緩めてキリスト教に直接関係ない本の輸入を認めるようになります。

 それまでも日本には、象がやってきた記録が何度かありました。

 記録に残る最古の事例では1408(応永15)年、現在の福井県にあたる若狭国小浜にやってきた亜烈進卿(あれつしんきょう)の使節の南蛮船が象をもたらしたとされています。

 亜烈進卿は、当時のスマトラ島のパレンバンに勢力を持っていた華僑の頭目とされる人物です。この象は京に上り、時の将軍・足利義持(あしかが よしもち)にも謁見(えっけん)したと伝わっています。

 その後、南蛮貿易の盛んな時代になると何度か象は日本にもたらされています。大友宗麟や豊臣秀吉、徳川家康も象と謁見したという記録が残されています。

はるばるベトナムから来た象


【画像】画力高い……江戸時代に描かれた象の絵を見る(2枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200728_elephant_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画