シーズン3の待望論も 『半沢』ファンなら当然知ってる都内「ロケ飲食店」7選

「シーズン3」の待望論がやまない大人気ドラマシリーズ『半沢直樹』(TBSテレビ系)。あの感動と興奮を再び味わうために、ロケに使われたお店を巡るのはいかがでしょうか。都内の有名店七つを紹介します。


全部わかったら『半沢』通!

 2013年7~9月、2020年7~9月にそれぞれ放送されたTBSテレビ系の超人気ドラマシリーズ『半沢直樹』(原作・池井戸潤)。

2020年7~9月に放送され、大ヒットを記録したドラマ『半沢直樹』(画像:(C)池井戸潤、(C)TBS)



 2013年のシリーズは、最終回で42.2%という驚異の視聴率をたたき出し、平成の30年間に放送されたドラマの中で堂々の1位に輝きました。2020年版の大ヒットもまだまだ記憶に新しく、いまだに「半沢ロス」を引きずっているファンも少なくないかもしれません。

 惜しまれながらも放送は終了しましたが、「シーズン3」を待ち望む声も止みません。いまだに「半沢ロス」だという人は、作中に登場したロケ地に行けばドラマの名シーンがきっとよみがえってくるはず。そこで今回は、2020年版のロケ地として使われた有名な飲食店を紹介します。

 同作を一度でも見たことのある人なら絶対に知っている定番のお店から、通のファンでないと覚えていないかもしれないお店まで、多彩な7店を選びました。

1. 恵比寿「上越やすだ」

 JR恵比寿駅から徒歩5分ほどのところに「上越やすだ 恵比寿店」(渋谷区恵比寿南)はあります。

 堺雅人さん演じる主人公・半沢直樹と、同期の渡真利忍(及川光博さん)らが行きつけにしていた小料理店で、ドラマでもたびたび登場していたから印象に残っている人も多いでしょう。

作中で癒やしの存在だった智美が女将として働いていた(画像:上越やすだ公式サイト)



 こちらのお店はコシヒカリや日本酒など、新潟の旬な食材を中心に、全国各地の食材が楽しめる板前割烹(かっぽう)。料理の味はもちろん、お店の雰囲気やおもてなし全てが「格別」と言われるほど、ファンの多いお店です。

 ドラマの中で女優の井川遥さん演じる新山智美が女将役として登場していますが、新山が“何か”を知っているような思わせぶりな表情をしたり、動揺してお皿を落としてしまったりと、半沢が勤める「東京中央銀行」の内部事情を知っているのではないかと疑った視聴者も多かったはず。

 お店に訪れた際は、撮影で使用されていたカウンター席で“半沢気分”をぜひ味わってみてください。板前さんとの距離が近いので、料理についての話はもちろん、撮影の舞台裏についてもついつい聞いてみたくなってしまうかもしれません。

2. 有楽町「お好み焼・鉄板焼 88」

 第1話で登場した「お好み焼・鉄板焼 88(パチパチ)」(千代田区有楽町)はJR有楽町駅から徒歩3分ほどのところにあります。

半沢の部下・森山雅弘(賀来賢人さん)と、学生時代に同じ剣道部に所属していたベンチャー企業社長の瀬名洋介(尾上松也さん)が久しぶりの再会を果たした店です。

 人気メニューは、ドラマの中で登場していた「豚玉チーズダブル」。この味を求めて多くのドラマファンが訪れる聖地となっているそうです。

 その他にも、ジャガイモのホクホク食感や赤ワイン、牛乳などのコクが効いた生地を弱火でじっくり焼き上げ、秘伝のソースをたっぷりとかけて味わう「88焼」も人気メニューのひとつ。

 森山と瀬名のように、友人や同僚などと一緒にランチや仕事終わりの1杯で気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

3. 日本橋「たいこ茶屋」

 第9話で、箕部幹事長(柄本明さん)の不正を暴くべく、その証拠集めをしていた渡真利と福山啓次郎(山田純大さん)が紀本常務(段田安則さん)の部下・灰谷英介(みのすけ さん)を待ち伏せしていたのが、この「たいこ茶屋」(中央区日本橋馬喰町)。

黒崎の得意技「急所づかみ」がさく裂した店(画像:(C)Google)



 灰谷を追い詰めようとすると黒崎駿一検査官(片岡愛之助)が助っ人に登場し、得意の「急所づかみ」で真実を暴かせました。

 この有名なシーンが撮影された席は「半沢直樹シート」と名付けられており、さらに黒崎が灰谷の急所をつかんだ席は「黒崎にぎり席」と呼ばれています。

 助演ながらも主役を食うほどの人気ぶりを博した黒崎。物腰は柔らかいのに信念の強い、まさに半沢の良きライバルでした。ドラマファンはもちろん、黒崎ファンなら一度はぜひ訪れてみたい場所です。

 毎日築地から仕入れる新鮮なお刺身が食べられるこちらのお店は、家族で営んでいるそうで、アットホームでにぎやか。マグロの解体ショーやじゃんけん大会を行うなど、ドラマファンではなくても楽しい時間を楽しめること間違いなしです。

4. 笹塚「福寿」

 京王線の笹塚駅より徒歩6分程のところにある中華そば「福寿」(渋谷区笹塚)。第7話で森山がラーメンを食べながら、白井亜希子国交相(江口のりこさん)のテレビ出演を真剣に見ていたシーンがこの場所です。

 スッキリした醤油(しょうゆ)味のスープに縮れの入った中華麺は「昔ながらのホッとする味」という口コミも多く、創業から68年たった今でも多くの人々に愛されている名店です。

 お店の定番メニューは「五目ラーメン」で、初めて来店される際に注文する人も多いのだとか。ひとりでもアットホームな雰囲気の中でラーメンを食べられるので、近くに行った際はぜひ立ち寄ってみてください。

5. 紀尾井町「バー カプリ」

 最終回、緊迫した雰囲気の中で中野渡頭取(北大路欣也さん)がひとり飲んでいたバーは、ホテルニューオータニ(千代田区紀尾井町)の「バー カプリ」です。

ホテルニューオータニからは「バー カプリ」と「トゥールダルジャン東京」が登場(画像:(C)Google)



 赤坂や永田町が至近であるという場所柄、ビジネスマンや財界関係者の利用も多くあるのだそう。まさに、頭取も闘いを前に覚悟を決めていたのかもしれません。

 キープしたボトルとともにピアノの生演奏を聴いたり、店内に広がる7点の連作絵画「カプリ島シリーズ」を鑑賞したりしながら、大人のぜいたくな時間が過ごせる空間です。

6. ホテル椿山荘東京 料亭錦水

 次は、東京メトロ江戸川駅より徒歩7分のところにあるホテル椿山荘東京(文京区関口)の「料亭 錦水」。

秘密の会席が開かれたホテル椿山荘(画像:(C)Google)



 ここは第7話で、半沢と取締役の大和田暁(香川照之さん)が、同銀行の審査部次長・曾根崎(佃典彦さん)を問い詰めるなど、重要なシーンで登場しました。敵対関係を繰り広げてきた半沢と大和田が共闘し、曾根崎をギャフンを言わせるシーンにスカッとした視聴者も多かったことでしょう。

 格式が高く、都会にいることを忘れてしまうような時間を過ごせる料亭錦水には、なんと国指定有形文化財の個室もあるそう。四季折々の庭園を目の前に、滝の音や小鳥のさえずりを聴きながら、しっとりと食事を楽しむことができます。

7. トゥールダルジャン東京

 さて最後に、半沢の「3人まとめて1000倍返しだ!!」というセリフが放たれた、2020年版ドラマ最大の見せ場となった名シーン。

 このシーンが撮影されたのは、バーカプリと同じくホテルニューオータニ(千代田区紀尾井町)にある老舗フランス料理店「トゥールダルジャン東京」です。

 パリ本店は400年の歴史があり、パリと東京が姉妹都市となった1984(昭和59)年、世界唯一の支店としてトゥールダルジャン東京が誕生しました。

 優雅な時間が過ごせるフランス料理のパイオニアとして多くの人を魅了し続けている名店です。

あの感動と興奮をもう一度

 ドラマが終了してから早くも1年が過ぎようとしています。2020年、未曽有(みぞう)の疫病禍で不安の底にいた私たちを、ドラマ半沢は毎週のように楽しませ、そして励ましてくれました。

 あのときの感動がリアルによみがえってくるようなロケ地が、東京都内にはたくさんあります。

 新型コロナウイルスが収束した際には、聖地巡礼としてそのひとつひとつを巡ってみるのもよいかもしれません。「自分も頑張ろう」「明日も頑張ろう」と、思わぬ活力が湧いでくるのではないでしょうか。


【画像】ドラマ『半沢直樹』のロケ地を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210618_hanzawa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_hanzawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_hanzawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_hanzawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_hanzawa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_hanzawa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210618_hanzawa_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画