鉄板ネタ「町田は神奈川」が消滅? 町田市と相模原市が進める境界変更とは

ネット上の鉄板ネタとして長年知られる「町田は神奈川」。実はこのネタ、もうすぐ過去のものになってしまうかもしれません。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


かつては「町田は神奈川」だった

 東京都町田市は、約43万もの人口を抱える都内屈指のベッドタウンとして発展しています。町田市の中心には小田急電鉄が町田駅を構えており、同駅から国内随一のターミナルとなっている新宿駅までは1本、所要時間は30~40分程度です。

町田駅前の様子(画像:写真AC)

 しかし、新宿駅と町田駅の間には神奈川県川崎市があります。

 町田市から東京都心部へと出るには、必ず神奈川県を通過しなければなりません。そうした地理的な事情もあり、インターネット上では「町田は神奈川」というジョークが定着しています。広く流布している「町田は神奈川」というジョークですが、明治維新後に町田は神奈川県に属していました。

水源問題と自由民権運動

 町田が東京府に属するのは、1893(明治26)年まで待たなければなりません。

 町田が神奈川県から東京府へと移管された理由は、水道をめぐる問題が大きく影響しています。東京府内に供給される水は、江戸時代から玉川上水を頼りにしてきました。その流域は町田が属する南多摩郡を通ります。南多摩郡は神奈川郡に属していために町田も神奈川だったわけですが、流域の南多摩郡が東京府外にあることは水源の管理上で不都合が生じるとされたのです。

玉川上水の上流部にある羽村取水堰(画像:写真AC)

 上下水道が整備されている現在とは異なり、当時は水が貴重な“資源”でした。水源管理の諸手続きをスムーズにする観点から、町田は東京府へと移管されたのです。

 水道問題のほかにも、町田が東京へと移管された理由があります。町田は、自由民権運動が盛んな土地でもありました。当時の神奈川県知事は自由民権運動を疎ましく思っていたこともあり、町田を移管することで厄介払いできると考えたのです。

 水源問題と自由民権運動というふたつの理由により、町田は東京府へと帰属を変更しました。

ジョークが現実に?


【地図】意外と知らない? 東京都「町田市」の場所を確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200403_machida_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200403_machida_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200403_machida_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200403_machida_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200403_machida_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200403_machida_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200403_machida_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200403_machida_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200403_machida_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200403_machida_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画