ランニングダイエットで息切れ全開 でも「東京のオアシス」でしっかり癒やされた漫画「緑が多くて涼しい~」

ダイエットのために慣れないランニング。息切れ全開で苦しかったけど、目的地の緑に癒やされた経験をテーマに、漫画家の世良田波波さんが漫画を描きました。


いざ「東京のオアシス」へ

 世良田波波さん(ペンネーム)は多摩地域に住む漫画家で、兵庫県明石市出身。10代で上京し、以来漫画を書き続けています。そんな世良田さんが描くアーバンライフ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「深大寺の魅力」です。

世良田さんの体験を描いた漫画のカット(世良田さん制作)

――世良田さん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 深大寺が好きだからです。

――まだ暑さが残りますね。その中でのランニング、なかなか厳しかったのでは。

 私のランニングは、もはやウオーキング……半分以上歩いています。

――深大寺にはよく行かれるのですか。

 数えたところ、7回行ってました。

――深大寺といえば、そばが有名ですね。好きなメニューやおすすめのお店はありますか。

 まだ4軒くらいしか行っていませんが、今回の漫画で店構えを描いた「多聞(たもん)」は量が多くてうれしいです。「一休庵」というお店さんは二階席の雰囲気も含めて好きですね。

――深大寺のほかに、「東京のオアシス」を感じる場所はありますか。

 水つながりで言えば、青梅辺りの緑色をした多摩川と玉川上水沿いの遊歩道などです。

――漫画の読者にひと言お願いします。

 いつも読んでいただいてる人、初めて読んでいただいた人、ありがとうございます。


【画像】漫画を読む

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200921_jindai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200921_jindai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200921_jindai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200921_jindai_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画