椎名林檎『歌舞伎町の女王』――たけし・タモリから手渡された「アングラ」という名のバトン 新宿区【連載】ベストヒット23区(6)

人にはみな、記憶に残る思い出の曲がそれぞれあるというもの。そんな曲の中で、東京23区にまつわるヒット曲を音楽評論家のスージー鈴木さんが紹介します。


林檎の歌詞から落丁した、新宿東口の濃密な一角

 前回の大田区に続いて、今回はいよいよ新宿区。いよいよと書くのは、さすが新宿区、音楽的なネタが無尽蔵に出てきそうな「23区一、音楽のニオイのする区」と言えるからです。

 というわけで、新宿区については複数回に分けて取り上げたいと思います。まず今回は新宿東口編を。

「ベストヒット新宿東口」は内容的にも知名度的にも、椎名林檎『歌舞伎町の女王』(1998年)で決まりでしょう。歌詞にはご丁寧に「JR新宿駅の東口を出たら」というフレーズが出てきます。

極彩色のネオンを放つ、新宿東口の歌舞伎町(画像:写真AC)

 ただ、このフレーズに噛み付いた人がいます。2019年10月に発売された中森明夫の自伝的小説『青い秋』(光文社。名著)に、こう書かれています。

――椎名林檎が歌うように「東口を出たら」、そこは歌舞伎町……なわきゃない。少なくとも、歩いて五分はかかる。

「でも、まあ、わかるよ。歌の世界なんだ。イメージの地図さ」と継ぎ足しているので、中森明夫も本気で怒っているわけではないのですが、確かに「JR新宿駅の東口」と「歌舞伎町」の間 = 東口すぐのエリアから生み出された文化は、非常に濃密であり、無視をすることなどできません。

若者文化の覇権をかつて、新宿が握っていた時代


【画像】若者文化史の歴史が地層のように塗り重ねられた、新宿東口という濃密地帯

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191116_kabuki_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191116_kabuki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191116_kabuki_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191116_kabuki_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画