明治通りと交差する古き橋 40年前の昭和歌謡が物語る悲しき「目白の情景」とは

1979年発表の昭和歌謡「千登勢橋」。同曲とその舞台となった目白の風景について、法政大学大学院教授の増淵敏之さんが解説します。


モデルは目白の「千登世橋」

 1970~80年代に活躍したミュージシャンに西島三重子がいます。現在でも活動しているので、息の長いミュージシャンのひとりといえるでしょう。

 代表作は1976(昭和51)年にリリースされた「池上線」という悲恋の曲で、歌詞に登場する「角のフルーツショップ」の場所について当時議論されたことがあります。結果、作詞家・佐藤順英の証言により、東急池上線の池上駅(大田区池上)だというのが定説になりました。

 今回紹介する曲は、彼女の「千登勢橋」(1979年)です。作詞は門谷憲二。「池上線」の作詞家である佐藤は学習院大学(豊島区目白)出身なので、ずっとこの曲も彼の作詞だと思っていました。なお西島三重子自身が目白にある川村短期大学(現・川村学園女子大学)の出身で、歌にリアリティがあります。

 歌詞に出てくる千登勢橋のモデルとなった「千登世橋」は豊島区目白1丁目と雑司が谷の境界にあり、最寄りの駅は副都心線「雑司が谷駅」と都電荒川線「鬼子母神前停留場」。JR目白駅からも学習院のキャンパス沿いに、目白通りを歩けば5~6分といったところでしょうか。

千登世橋から明治通りを望む(画像:増淵敏之)

 千登世橋は明治通りとの立体交差になっており、東側に隣接する千登世小橋が都電荒川線をまたいでいます。目白通りがちょうど台地状を走る地形を利用して、明治通りを切り通しにして交差させています。

 千登世橋が架設されたのは1932(昭和7)年で、東京で初めての幹線道路同士の立体交差橋ということになります。もちろん土木史的にも価値が認められており、「東京の著名橋」に指定され、一種の文化遺産です。構造形式は上路2ヒンジソリッドアーチ橋というのだそうです。この界隈のランドマーク的な存在であることは間違いありません。

歌詞の世界を彩った「ハンカチ」


【地図】「千登勢橋」のモデルになった橋の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/191118_chitose_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191118_chitose_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191118_chitose_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191118_chitose_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191118_chitose_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191118_chitose_03-150x150.jpg

New Article

新着記事