年末年始最大9連休も、深まる「国民の休日」への疑念

皆さんは2019年の年末年始、何日間休みを取得できますか。2019年9月に20~50代の男女会社員を対象に行ったインターネット調査によると、約4割が「9連休」を取得できると回答しています。この9連休が社会に及ぼす影響と、国が今後打つべき施策について、日沖コンサルティング事務所代表の日沖健さんが解説します。


埋没するお正月

 2019年も残すところあと3週間。土日が休みという人は12月28日(土)から1月5日(日)まで9連休になります。お正月の9連休が経済や暮らしにどう影響を与えるのか、考えてみましょう。

年末年始のイメージ(画像:写真AC)

 9連休の話をする前に、東京のお正月の変化について振り返ります。近年のお正月の変化を一言で言うと、「お正月の埋没」ということではないでしょうか。

 童謡で「もうい~くつ寝ると、お正月」と歌ったように、昔の日本人にとってお正月は特別な季節でした。

 ところが、10月31日にハロウィンがあり、11月から12月25日まではクリスマスシーズンで、お正月を強く意識するのは年末年始のほんの短期間です。かつて新しもの好きのイベントだったハロウィンやカップル向けのイベントだったクリスマスが国民行事になるにつれて、お正月は相対的に影が薄くなりました。

 ただ、埋没したお正月が逆に騒々しくなりました。昔は自宅や実家で家族・親戚と静かに過ごすのが、日本人のお正月でした。とくに地方出身者が多い東京は、地方に帰省する人が多く、年末年始は水を打ったような静けさでした。

 ところが今は、渋谷など繁華街でカウントダウンイベントが開催され、夜通しで大賑わいです。商業施設も普通に営業しています。お正月とそれ以外の時期との違いが、どんどん不明確になっています。

初詣はますます盛況


【データで知る】エイチ・アイ・エスによる、年末年始「海外旅行予約動向」発表!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191209_renkyu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_renkyu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_renkyu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_renkyu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_renkyu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_renkyu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_renkyu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_renkyu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_renkyu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_renkyu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191209_renkyu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画