岩崎宏美『思秋期』――深川の歌姫による物憂げかつ朗々とした歌声 江東区【連載】ベストヒット23区(13)

人にはみな、記憶に残る思い出の曲がそれぞれあるというもの。そんな曲の中で、東京23区にまつわるヒット曲を音楽評論家のスージー鈴木さんが紹介します。


懐かしき「ウオーターフロント」の響き

 この「ベストヒット23区」も順調に13区目まで来ました。今回は江東区。江東区というと、一般的にはやはり、東京湾に突き出た埋め立て地のイメージが強いのではないでしょうか。

 豊洲、お台場、夢の島、有明テニスの森、若洲海浜公園、海の森公園……。そして、江東区の地図を見ていると、私(53歳)の世代の頭の中によぎるのです。ある死語が。

豊洲のビル群(画像:写真AC)

――「ウオーターフロント」。

 1980年代後半の大流行語にして、今やほぼ完全に死語。海っぺり、港っぺりを「ウオーターフロント」と言い換えると、何だかおしゃれに聞こえたのも、バブル狂乱時代の東京ならではの現象でした。

 同時に思い出すのは、そのウオーターフロントで見たライブです。今回はまず、バブル期に東京湾岸に林立した「ウオーターフロント系コンサート会場」を振り返ってみたいと思います。

「MZA有明」を覚えていますか?

 まず、その威容で一時期、江東区のおしゃれスポットとなったのが「MZA有明」(えむざ・ありあけ)です。正確には、複合施設MZA有明の中の「サウンドコロシアム MZA」がライブハウスの名前。

かつて「MZA有明」と「ディファ有明」があった場所。2019年5月時点の様子(画像:(C)Google)

 調べてみると1988(昭和63)年から1991(平成3)年まで営業していた模様。バブルと同時に散ったわけですね。その後「ディファ有明」という格闘技会場になるも、2018年に営業終了。

R.E.M.のライブを見たものの……


【画像】デビュー45周年 今も変わらぬ「岩崎宏美」の姿を確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200228_kotoku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200228_kotoku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200228_kotoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200228_kotoku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200228_kotoku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200228_kotoku_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画