【ベストヒット23区】中島みゆき『世情』――日本中が釘付けになった昭和50年代のドラマ 足立区

人にはみな、記憶に残る思い出の曲がそれぞれあるというもの。そんな曲の中で、東京23区にまつわるヒット曲を音楽評論家のスージー鈴木さんが紹介します。


トンボを追いかけていたら埼玉県に入りそうな区

 前回の池袋駅(豊島区)から、丸ノ内線で淡路町。そこから新御茶ノ水駅に進んで千代田線に乗って北千住駅へ。連載第4回にして、いよいよ下町ど真ん中へ。今回は「ベストヒット足立区」。

北千住駅前の様子(画像:(C)Google)

 足立区と言えばビートたけしに尽きます。出身中学は梅島第一小学校で、足立区の中央で十字に交わる日光街道と環七通りの交差点 = 梅島陸橋に程近いあたり。駅で言えば、北千住駅から東武伊勢崎線で4駅先にある西新井駅に近いところに在ります。

 さすが足立区のシンボルらしく、ビートたけしは足立区のウェブサイトにインタビューが掲載されています。文筆家の一面もある彼のこと、そのインタビューにおける足立区の形容もふるっています。

「一応足立区は東京都なんだけど、東京の北の端、トンボおっかけてたら埼玉に入っちゃうみたいな」(足立区ウェブサイト「~足立大好きインタビュー~ 芸人・映画監督 北野武さん」)

 ただ、地名が入ったビートたけしの曲といえば、例えば『浅草キッド』(1986年)で、舞台が台東区の浅草だったり、同じアルバムに入っている『四谷三丁目』(同)が新宿区だったりと、分散してしまいます。

 そこで北千住駅から東武伊勢崎線を逆方向に向かい、堀切駅へ。すると見慣れた風景が広がります。そうです。このあたりは、TBSの傑作ドラマ『3年B組金八先生』のロケ地な
のです。

 堀切駅のすぐそばに流れているのが荒川で、その川べりが『3年B組金八先生』のオープニングで有名な、あの川べりです。また「桜中学」はじめ、ドラマに出てくる色々な場所も、このあたりで収録されたようです。

 このドラマ、第8シリーズ(2007~2008年)まで放送されたのですが、印象深いものと言えば、やはり第1シリーズ(1979~1980年)と第2シリーズ(1980~1981年)です。詳細を説明せずとも、第1シリーズは「十五歳の母」、第2シリーズは「腐ったミカンの方程式」と言えば、50代以上の方は、すぐに合点がいくはずです。

作品に「メッセージ」が込められていた時代


【地図】『翔んで埼玉』県に隣接、足立区の位置を見てみる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191018_adachi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191018_adachi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191018_adachi_02-150x150.jpg

New Article

新着記事