タワマンと市場だけじゃない! 埋め立ての歴史から見る「豊洲」の知られざる側面とは

近年目覚ましい発展を遂げている江東区・豊洲エリア。一般的にタワーマンションや富裕層がイメージされるエリアですが、一概にそうも言えないようです。まち探訪家の鳴海侑さんが案内します。


都心部から抜群のアクセスのよさ

 近年、タワーマンションや市場移転などで話題にのぼることが多い豊洲。しかし、実際に見て回ってみると、これが思った以上に面白いエリアなのです。

 東京随一のオフィス街である有楽町から、東京メトロ有楽町線の新木場行きに乗って8分で豊洲駅に到着。

 都心部から抜群のアクセスのよさで、地上に上がれば新交通「ゆりかもめ」の豊洲駅と大きな駅前広場があります。

 駅前広場には、羽田・成田空港行きのリムジンバスが発着。また、駅前の豊洲駅前交差点付近には都営バスの乗り場が何か所もあり、東京駅や錦糸町、臨海副都心、門前仲町と、バスでもさまざまな場所に行け便利です。

駅直結の大型ショッピングモールも

 また、駅直結で大型ショッピングモールの「アーバンドック ららぽーと豊洲」(江東区豊洲2)があります。

豊洲の高層マンションと「アーバンドック ららぽーと豊洲」(画像:写真AC)

 店舗面積は約6万7000平方メートルと広大で、さまざまな世代のニーズに合わせたアパレルショップのほか、飲食店、映画館、スーパーなど合計214店舗が入居しています。

 休みの日のおでかけや買い物は、ほぼここで充足しそうなほど大きなショッピングモールです。

「ららぽーと」の隣には「豊洲公園」があり、大きな広場があります。子育て世代にとっては安心して子どもを遊ばせられる空間で、日によっては本当に多くの親子連れでにぎわいます。

 駅直結のショッピングモールがあり、大きな公園が隣接という、うらやましくなるような駅周辺環境ですが、買い物環境としては「ららぽーと」だけでは日用品やディスカウント品があまりそろわず、買い物単価が高くなる印象を受けます(100円ショップなどが全くないわけではありません)。

高所得層は多いが、昭和感を残すまち


【画像】今も豊洲に残る「セブン―イレブン 日本第1号店」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_toyosu_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画