合言葉はレジャー? ウィズコロナ時代到来で「父子関係」が大きく変わる

コロナ禍で在宅勤務が一般的となった現在、父親と子どもの関係性が変化しています。文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんがレジャーの観点から解説します。


「友達親子」の一般化

 新型コロナウイルス感染拡大防止の外出自粛によって家族の関係性が変化しています。家族が一緒にいる時間が長くなり、絆が深まった家族も少なくありません。

 特に普段は顔を合わせることが少ない父親がテレワークで自宅にいるため、父親と子どもの関係性が深まっていることが特筆されます。

父子関係のイメージ(画像:写真AC)

 家族関係の変化は、コロナ以前から兆しが見られました。

 最近は高校生や大学生くらいの年齢になっても親と買い物や遊びに出掛けることに抵抗のない若者が増えています。さらに親と同じ趣味を持って、一緒に楽しむ若者も増えています。

 いわゆる「友達親子」ですが、この言葉自体は1980年代から使われており、主に母親と娘の関係性を指したものでした。近年は母親と息子で友達親子が増えており、ふたりだけで服を買いに行ったり、遊びに行ったりして、むしろ母親への依存が強くなることを心配する声もあります。

 一方、父親との外出も昔ほど抵抗感がなくなっています。

 年ごろの娘は父親のことを「臭い」「汚い」と毛嫌いするきらいがありましたが、最近の男性は中高年に差し掛かっても身だしなみを気にかけて小ぎれいにしているためか、そう感じなくなってきているのかもしれません。また、働く母親が増えて、昔のように父親が威厳を示す必要がなくなり、子どもとの距離が近くなったのかもしれません。

「イクメン」の拡大

 この先、父親と子どもの絆を深めていくと考えられるのが「イクメン」の拡大です。
2020年に入り小泉進次郎環境大臣が育児休業取得を公言したことで、にわかに父親の育児休業が注目されました。

 東京都が調査した「男性の家事・育児参画状況実態調査」によれば、男性の家事・育児参画の賛否について、男性は賛成の人が52.1%、どちらかといえば賛成の人が28.7%で、合計すると賛成の人は80.8%と大半を占めています。男性も意識としては家事・育児への参画に肯定的な人が多く、良いイメージを抱いているようです。

「男性の家事・育児参画状況実態調査」の結果(画像:中村圭)

 育児をしている母親からは「育児休業を取得しても、家事・育児を率先して手伝ってもらえなければ意味はない」という冷ややかな意見も聞こえてきますが、父親の中には育児を楽しみたいと考える人も少なくありません。

 今後、イクメンが増えることで父親と子どもが一緒に遊ぶ機会が多くなっていくでしょう。

インドア派の父親も増加


【500人に聞きました】どこで「父の日ギフト」を買ってる? ショッピングモール、百貨店、1位は……?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200610_kankei_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_kankei_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_kankei_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_kankei_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_kankei_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_kankei_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_kankei_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_kankei_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200610_kankei_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画