金髪ショートの平成「あゆギャル」が、当時「量産型女子」と認定されなかったワケ

ドラマ「M ~愛すべき人がいて~」などの影響で今、再びの注目を集めている平成の歌姫・浜崎あゆみ。彼女が生み出したファッションや流行の数々を、平成ガールズカルチャー研究家のTajimaxさんが、現代との比較と合わせて振り返ります。


「皆が同じ格好」という共通点

「量産型女子」という、ややネガティブなニュアンスを持った言葉が現代にはあります。

 ファッションやメイク、ヘアスタイル、持ち物や趣味などが均一的で「どこにでもいそうな」若い女性を指す表現ですが、今から20年ほど前も世間の女性たちは皆、同じような格好をして東京の街を闊歩(かっぽ)していました。

 当時、誰もがまねしたくなるような「カリスマ」が存在していたからです。

あゆの特集ページが組まれた、筆者所蔵の角川春樹事務所「Popteen」2001年5月号(画像:Tajimax、角川春樹事務所)

「皆同じ格好をしている」という点で共通する両者は、本質的には似て非なるもの。今回は、このふたつの時代を「ファッションの流行」という観点から考えてみたいと思います。

なぜ「今」浜崎あゆみなのか

 世間が新型コロナウイルス報道一色だった2020年の上半期。テレビドラマもほとんどが収録スケジュールの遅れにより通常放送できていないなか、ひときわ注目を集めているドラマがあります。

 平成の歌姫・浜崎あゆみの半生をベースにした「M ~愛すべき人がいて~」(テレビ朝日系)です。

 大げさなストーリー展開やクサいせりふ回しは賛否が分かれるところですが、いずれにせよ話題を集めていることは確か。興味深いのは、「M」の視聴を楽しんでいるのが、あゆ全盛期をリアルタイムで見てきた30代の筆者や同世代だけではない点です。彼女のデビュー(1998年)前後に生まれた20代の若者たちも今、このドラマに夢中になっているというのです。

注目を集めているテレビ朝日系ドラマ「M ~愛すべき人がいて~」(画像:AWA)

 デビュー当時からあゆを知る筆者や同世代以上にとっては「いまさら感」や「懐かしさ」がない交ぜになった感覚を覚える同作ですが、20代にとっては90年代や00年代、さらには浜崎あゆみが非常に新鮮に映るらしく、SNS上などでは「90年代バブル」という言葉が生まれたほど。

 なぜ今、令和の若者に浜崎あゆみが受けるのか。まずは平成の時代にあゆが残した流行をひも解いてみましょう。

流行を生み出し続けた歌姫の軌跡


【画像10枚】今見ても「かわいい!」全盛期あゆ 筆者所蔵の雑誌で振り返る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200606_ayu_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画