西新宿1丁目の「昼夜人口」比率はなんと500倍――ビッグデータで迫る「眠らない街・新宿」の実態とは

東京、とりわけ新宿には「眠らない街」という枕ことばがしばしば用いられますが、その実態は地域によってバラバラです。都市データ研究家のにゃんこそば さんが、ビッグデータを基に実相に迫ります。


データで歩く、もうひとつの東京散歩

 新型コロナウイルスの影響で、都心や繁華街の人出が連日報じられるようになり、「滞在人口」や「人の流れ」に関心を持たれた人も多いのではないでしょうか。

新宿の様子(画像:写真AC)

 これらのデータをクローズアップしてみると、世界でも有数の大都市・東京にも「動」と「静」があり、地域によって、また同じ地域でも時間帯や曜日によって異なる表情を見せてくれます。

 2020年5月24日(日)現在、「緊急事態宣言」が継続中の東京は外へのお出掛けがまだまだ難しい状況ですが、今回はデータを片手に東京という都市を「オンライン散歩」してみましょう。

23区の「昼間人口」は1203万人

 2015年の国勢調査(総務省統計局)によると、東京23区の人口は約927万人。これに23区外から通勤・通学する人、逆に23区外へ通う人をそれぞれ足し引きした「昼間人口」は実に1203万人にのぼります。

「昼間人口」は人口統計上の指標で、夜間の通勤・通学者が含まれていたり、逆に買い物客などの移動は含まれていなかったりと、実際の滞在者数とは厳密には異なりますが、「夜間人口」(在住者数)と対比することによって、地域ごとの特性を見ることができます。

「図表1」東京23区の昼夜間人口比率・地図(画像:にゃんこそば)

「図表1」は、東京23区を昼間人口・夜間人口の比率(昼夜間人口比率)で塗り分けた地図です。

23区「昼夜の人口差」は0.8~14倍

「図表2」は、昼夜間人口比率のランキング。

「図表2」東京23区の昼夜間人口比率・ランキング(画像:にゃんこそば)

 大手町・丸の内といった巨大なオフィス街を抱える千代田区は、夜間人口6万人弱に対し、昼間人口は約85万人。その差は実に14.6倍(1460%)以上! その他、中央区・港区・渋谷区・新宿区でも2倍(200%)を超えています。

 これらの地域にはビジネスからショッピング、さらにナイトスポットなど多彩な都市機能がそろっていて、まさに「東京」のイメージを凝縮した地域です。

 一方、昼夜間人口比率が100%を切っている区も少なくありません。これらは東京都心のベッドタウンとして、あるいは古くからの住宅・工場密集地として発展してきた地域。通勤・通学などで昼間は区外へ出る人が多くなっています。

新宿区を拡大してみると……


【地図】意外と知らない? 「西新宿1丁目」の位置をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200524_bigdate_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200524_bigdate_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200524_bigdate_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200524_bigdate_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200524_bigdate_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200524_bigdate_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200524_bigdate_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200524_bigdate_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200524_bigdate_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画