麻布・広尾・目黒に「高級住宅街」「下町」の真逆イメージが両方根付いた歴史的経緯(前編)

麻布・広尾・目黒という土地のイメージと歴史について考える、ジェイ・エム・アール生活総合研究所社長の松田久一さんの連載(全3回)。1回目のテーマは、地形的な特徴について。


武蔵野台地という地形的特性

 麻布、広尾、目黒という主に日比谷線沿線の地名を聞くと、芸能人や著名人が多く住み、住みたいが手の届かない「山の手」の「お屋敷町」、「高級住宅街」というイメージがあります。実際、沿線別の路線地価は極めて高くなっています。

 他方で、地元民や年配者などは全く対極のイメージも持っています。意外ですが、「原っぱ」、「庶民層」、「ブルーワーカー」などの印象です。この地域の1960年代は、映画『ALWAYS三丁目の夕日』の舞台に近いかもしれません。

 この二重性をひも解いてみようとするのが本稿の狙いです。3回続きの第1回は、地形的特徴という側面から。

※ ※ ※

 この地域をひとつとして捉えるのは、麻布、広尾、目黒などが共通性を持っているからです。

日本有数の高級住宅街のひとつ、麻布の歴史とは?(画像:写真AC)

 ひとつは、これらの地域は、地形的には武蔵野台、つまり、平地ではなく台地にあるということです。地形的な意味で台地側、つまり「山の手」が共通点です。山の手という言葉は、高級住宅地と結びついていますが、ここでは単に武蔵野台地の上にあるということです。

 タクシーの運転手さんは、山の手を「坂」で覚え、下町は「橋」で覚えると言われます。港区麻布周辺だけでも100の坂があります。

この地域に坂が多い理由


【地図】麻布・広尾・目黒の位置関係

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201029_edo1_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201029_edo1_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201029_edo1_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201029_edo1_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201029_edo1_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画