浅草駅とともに70年 旅客の荷物を運び続けた「最後の赤帽」をご存じか

かつて東京のターミナル駅構内には必ず、旅客の荷物を運ぶ「赤帽」がいました。その歴史について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


125年前に誕生

 かつて東京のターミナル駅構内には必ず、旅客の荷物を運ぶ「赤帽」がいました。今では軽トラックを使った同名の運送業者をイメージする人がほとんどですが、以前はこの職業を指していました。ちなみに運送業者の由来も駅の赤帽ですが、ほとんど知られていません。

東武浅草駅(画像:写真AC)

 赤帽は、日本の鉄道の誕生とともに生まれました。

 最初の赤帽は、1896(明治29)年に関西鉄道(明治期の私鉄会社。名古屋~大阪間に有力な路線網を持っていた)の駅で

「荷物運搬夫」

として誕生。その後、主要駅に常駐するようになりました。そのとき、目印として赤い帽子をかぶっていたことから赤帽と呼ばれるようになったといわれています。

 赤帽はなぜ必要だったのでしょうか?

 それは、今ほど便利に荷物を運べなかったからです。現代では旅行や引っ越しの際、宅配便などで重い荷物を運べます。旅行先でお土産をたくさん買っても、宅配便にお願いすれば、帰宅後すぐに受け取れます。しかしかつては、多くの荷物を抱えて移動しなくてはなりませんでした。

 当時は国鉄の「チッキ」という輸送サービスがありましたが、運んでくれるのは駅から駅まで。そのため、乗り継ぎ区間で重い荷物を運んでくれる赤帽は欠かせない職業だったのです。

 夜行列車の多かった時代は、早朝から深夜まで、駅のホームから駅の外まで、重い荷物を抱えて往復する赤帽が当たり前に見られました。なかでも大道具やカメラをたくさん運ぶ映画のロケ隊や、ドラムセットやスピーカーを抱えて駅にやってくる楽団は上客でした。

最末期の日給は約5000円


【写真】2001年撮影! JR東京駅で荷物を運ぶ「赤帽」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211207_akabo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211207_akabo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211207_akabo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211207_akabo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211207_akabo_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画