赤い三角屋根の「旧国立駅舎」が4月4日開業 復元の陰にあった自治体の秘策とは

1926(大正15)年の開業以来、長年市民に愛されたJR国立駅の旧駅舎が2020年4月4日に公共施設として再び供用を開始します。再築までの長い道のりと数々のハードルについて、フリーランスライターの小川裕夫さんが振り返ります。


「開かずの踏切」解消で消えた、赤い三角屋根

 長時間にわたって踏切が遮断されたまま自動車・歩行者の横断ができなくなる、いわゆる「開かずの踏切」は社会問題になっています。

 以前から開かずの踏切は、行政・鉄道会社の課題になっていました。それでもそうした形状の踏切が放置されてきたのは、立体交差化には多額の費用がかかること、また工事に着手しても立体交差事業の完了までに平均で30年近い歳月がかかることなどが要因です。

 開かずの踏切を解消する工事に着手しても効果は薄く、そのために行政・鉄道会社も二の足を踏み、諦めムードが漂っていたのです。

2020年4月4日の開業に向けて再築された国立駅の赤い三角屋根(画像:国立市ウェブサイト)

 三鷹~立川間で開かずの踏切が深刻な問題になっていたJR中央線は、1980(昭和55)年から事業調査を開始。2011年に同区間の立体交差化が完了しました。

 立体交差化によって、踏切は消失。それに伴い踏切事故はなくなりました。同時に、事故による中央線の遅延が大幅に減少したのです。

 利用者にとっても、鉄道事業者にとっても中央線の立体交差化はメリットが多く、喜ばしいことです。

 中央線の立体交差化は線路を地下に潜らせるのではなく、高架線に切り替える手法が採用されました。そのため、立体交差化工事に合わせて赤い三角屋根がトレードマークだった国立駅の駅舎が撤去されることになりました。

市民から相次いだ「駅舎を残してほしい」という声


【調査】「開かずの踏切」は全国に何か所? 国土交通省の調査を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200321_kunitachi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200321_kunitachi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200321_kunitachi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200321_kunitachi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200321_kunitachi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200321_kunitachi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200321_kunitachi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画